FC2ブログ

「わらの犬(1971)」 暴力のマグマが絶え間なく蓄積する

Gyao!の、キネ旬ベストテン作品特集からの鑑賞です。今回は、「わらの犬」。1971年の映画で、監督はサム・ペキンパー。キネ旬5位でした。オスカーでは劇映画作曲賞にノミネートされました。イギリス・アメリカ合作です。
原題:Straw Dogs (1971)

あらすじ
数学者のデイヴィッド(ダスティン・ホフマン)は、アメリカ生活の喧騒を避け、妻エイミー(スーザン・ジョージ)の故郷であるイギリスの小さな村に引っ越してきました。村はずれのエイミーの実家の修理の為、エイミーの幼馴染のメンバーを修理工として雇い、屋根の修理にかからせます。村は閉鎖的で、二人は好奇の目で見られますが、デイヴィッドはそれほど気にしていませんでした。エイミーは、研究に没頭して取り合ってくれないディヴィッドの気を引こうといろいろな行動に出ますが、それは却って修理のメンバーの気を引くことになり、デイヴィッドをもイラつかせていきます。ある日、デイヴィッドはスコット少佐と、牧師夫婦の訪問を受け、歓迎会を兼ねた親睦会に誘われます。そして、エイミーの猫がクローゼットの中で死体で見つかると、エイミーは修理メンバーの仕業だと、疑い始めました。

エイミーは、デイヴィッドに犯人の解明を頼みますが、デイヴィッドは強く出られず、その上彼らと一緒に狩りへ行く約束までさせられ、エイミーはますま
す不満が募ります。翌日一緒に狩りへ行ったディヴィッドは、持ち場に留まるように命令され、その間に彼らは留守宅でエイミーを犯しました。狩場に残されたままのディヴィッドは怒りを感じ、翌日彼らをクビにしますが、エイミーは起こったことを打ち明けられません。そして、夜の親睦会で、エイミーは再び彼らに会って気分が悪くなり、デイヴィッドと一緒に帰ります。その頃、知的障害のあるヘンリー(デビッド・ワーナー)が、村の娘を連れ出して騒ぎになり、ヘンリーは気が動転し娘を絞殺して逃亡したところを、デイヴィッドにはねられます。デイヴィッドは怪我をしたヘンリーを自宅に寝かせ、すぐに医者を呼びました。

娘の父親であるトム(ピーター・ヴォーン)と仲間たちは、ヘンリーの居場所を知ると、ディヴィッドの家を取り囲みます。デイヴィッドは医者と警察が来るまでヘンリーを渡さないと答えます。腹を立てたトムたちは暴れはじめ、スコット少佐が来て、収めようとしますが、トムははずみで少佐を撃ち殺してしまい、彼らはこれを契機として家の中デイヴィッドたちの命も狙い始めます。デイヴィッドは戦う覚悟を決め、ヘンリーを差し出そうとするエイミーも力づくで協力させ、人が変わったように次々とトムたちを殺していきました。そして、デイヴィッドは呆然とするエイミーを家に残し、ヘンリーを車で送っていきます。そして「帰り道がわからない」と言うヘンリーに、「僕もだ」とディヴィッドは答えるのでした。



わらの犬(1971)

冒頭から異様な雰囲気が漂う映画です。まず、妻の故郷というこのイギリスの田舎町ですが、アメリカから来た異邦人を、よそ者として見る雰囲気が特異で、そもそも数学者ということに対して変人を見るような感じです。そして、車庫の屋根の修理に来ている男たちは、虎視眈々と妻を狙っていて、いつも二人の行動を注視している上、そもそも夫婦の二人の折り合いが悪く、妻はおよそ学者の妻とは程遠い雰囲気であり、夫も独特の意固地さを持っているようです。その夫ダスティン・ホフマンが弱気でありそうで、切れやすそうな、微妙な性格をうまく演じていました。

圧巻は、ラストに向かって突き進んでいく、暴力のマグマの蓄積でした。偶然が新たな火種を呼び、エスカレートしていく展開。このようなバイオレンスは見慣れた場面ではありますが、冒頭からの違和感の蓄積や怨恨の蓄積が、実際の暴力場面以上に、インパクトの強いクライマックスになっていると思います。その上もともと上手くいっていない夫婦関係で、その連携の悪さがさらに緊張感を高めていきました。妻は言わば土地の人で、夫は事実も性格も異邦人という関係。これがバトルの中で一つの不確定要素となっていきました。見事なクライマックスでした。

やはり、ダスティン・ホフマンは素晴らしいと思います。スーザン・ジョージも、この町の若者たちと元々交流があったという役柄から、なんとなく雰囲気があっているような気がしました。最後のシーンは、冒頭で手に入れた大きな罠が、いつ発動するかがけっこう楽しみでした。久しぶりに中身の濃いアクション映画を、ずっしりと堪能しました。ところで、題名からこの映画をずっと見た気になっていたのですが、私が見たのは「わらの女」でした。ちょっと違いました(笑)。

2021.2.12 HCMC自宅にてGyao!よりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR