FC2ブログ

「キャタピラー」 戦争の虚しさと人の因果応酬を感じる作品

Gyao!の、キネ旬ベストテン作品特集からの鑑賞です。今回は、「キャタピラー」。2010年の映画で、監督は若松孝二。キネ旬6位でした。ベルリン国際映画祭でノミネートされ、寺島しのぶが銀熊賞(女優賞)を受賞しました。


あらすじ
戦時中の山村、少尉黒川久蔵(大西信満)は四肢を失い、顔はただれ言葉も話せない姿で帰還しました。そんな姿で帰還した久蔵は、軍神として英雄視され勲章も持ち帰っていますが、妻のシゲ子(寺島しのぶ)は夫の変わり果てた姿を嘆きます。久蔵の世話はすべてシゲ子に押し付けられ、シゲ子は軍神の世話も国へのご奉公だと考えて直し、介護を決意します。そして久蔵は性欲を持て余し、シゲ子の身体を頻繁に求めはじめます。そんな夫を、シゲ子は昼間はリアカーに乗せて外に連れ出し、妻としての貞操さをアピールし始め、村の人々の尊敬のまなざしに快感を覚えるようになります。そして家では生活に苛立ち、つい暴力をふるってしまうようになりました。

久蔵は中国で女性を暴行し殺害した過去を頻繁に思い出し、幻想を見て強迫観念にとらわれるようになります。手足を失ったのも、軍功などではなく、その暴行中に火事に会ったことの結果なのでした。戦局は悪化していきますが、発表によって村人たちは日本の躍進を信じていました。シゲ子は過去に夫の暴力に悩まされていましたが、今や自分がいなければ、夫は何一つできないことに満足するようになっていきます。そんな中で久蔵の精神状態がますます悪化していき、苦しみに悶える夫をシゲ子は芋虫のようだと嘲笑うのでした。シゲ子が頼りにしていた久蔵の弟も招集され、やがて敗戦を迎えました。村人のクマ(篠原勝之)と終戦に歓喜するシゲ子でしたが、久蔵は這いずりながら外へ出て池に身を投じ、死を選ぶのでした。


キャタピラー

若松孝二監督の映画。最近の映画を見るのは初めてです。雰囲気は、ラストに至るところなど、昔の映画と同じような感じで、ちょっと懐かしさがありました。ただ、文字が多くて、これはいらないかな…と思いつつ、これも、確かに「犯された白衣」とか、ドキュメンタリー画像が挿入されていたりしたので、特徴ということかもしれませんし、ずっと変わってませんよという事かもしれません。さて、四肢を失った状態の映画として真っ先に思い浮かべるのは「ジョニーは戦場へ行った」ですが、この映画はむしろ江戸川乱歩の小説の芋虫なのですね。確かに、キャタピラーでした。

寺島しのぶの銀熊賞受賞作品。素晴らしい演技であったと思います。久蔵に接する心境の移り行く様子が良く表現されていました。あの、軍神様をリアカーにのせて、村中を歩き回る様子が面白いと思いました。かつて自分を虐待した久蔵を、自分が保護者となり、かつ、お国から認められた軍神様の保護者として誇らしげに練り歩いています。そして、家に戻ると楽しかったと久蔵に同意を求めるシゲ子ですが、久蔵は苦々しい様子でした。意図してという事ではないかもしれませんが、この久蔵とシゲ子の関係性を大変面白く感じました。そして、久蔵が出かけるのを嫌がれば自分が勲章をつけて出征の見送りに出るまでになっていきました。

反戦がテーマであることは、挿入される大本営発表やドキュメンタリー映像で宣言されているのですが、シゲ子は国の宣伝のおかげで、すっかり戦意高揚に乗っていて、一方久蔵は軍功でも何でもなく、中国で行なった恥ずべき行いによる自業自得で四肢を失ったことが、彼の精神を蝕み始めます。そんな行為を軍が表に出すことはありませんから、死ぬまでずっとその幻影を見続けることとなります。久蔵にとっては、シゲ子への負い目がやがて恐怖へと変わっていき、ラストを迎えていきます。その両者の関係性の逆転が、戦争が生み出した不条理や、過去の行動からの因果応酬ともに鮮明に描かれていく。素晴らしい表現だと思いました。

2021.2.11 HCMC自宅にてGayo!よりのパソコン鑑賞

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR