FC2ブログ

「スマホを落としただけなのに」 猟奇的な事件の割には肩透し感が

帰国の夜行便ではたくさん映画を見ると寝られないことになってしまいます。というわけでとりあえず気楽な一本を選びました。比較的最新作のこの映画は、予告編では見たことがありましたが、さて楽しめますでしょうか。2018年の日本映画です。

あらすじ
彼氏の富田(田中圭)が落としたスマホに電話をかけた麻美(北川景子)は、無事にスマホを取り戻すことができて安堵するが、SNSを始めたことから、身に覚えのない請求や、友達からのしつこい連絡など、奇妙な出来事が起こり始める。そのころ、丹沢山中で次々と若い女性の遺体が発見され、連続殺人事件として捜査が始まっていた。スマホを拾ったのは誰だったのか、そして、連続殺人事件の真犯人は…?



商社マンの富田は、タクシーが渋滞に巻き込まれて、慌てて電車の駅まで走ろうと下車した時に、スマホをタクシーに忘れてしまいました。そんな事情を知った恋人の麻美は、富田のスマホに電話をします。すると拾った人が横浜のカフェに預けておくとのこと。無事スマホを受け取った麻美は富田と合流し、プロポーズされましたが、麻美は最後の一歩が踏み出せません。そんな麻美を同僚の加奈子は、自分をもっと開くためにSNSの再開を勧めました。

その頃、丹沢で複数の女性の死体が発見され、警視庁の毒島(原田泰造)と加賀谷(千葉雄大)は捜査を開始します。どの被害者も長髪の黒髪の一部が短く切られていました。一方で、富田や麻美は、ネットショッピングのトラブルや、奇妙なメールに悩まされはじめ、ITセキュリティに通じているとメッセージを貰っていた浦野(成田凌)と連絡を取り、トラブルを解消してもらいました。しかし、何者かから送られてくる、悪意のある写真や動画に、二人の関係は悪化する一方でした。

状況を解決しようと、浦野に相談する麻美ですが、飲み物に一服盛られて気を失い、浦野によって囚われてしまいます。浦野は実は毒島たちが追っていた黒髪に執着する連続殺人鬼でした。事件を追う毒島と加賀谷、そして富田も追跡アプリで麻美の行方を追い、拉致現場に向かいますが…。
   
スマホを落としただけなのに

そこそこ楽しめましたが、猟奇的な映画かなと思ったほどは、ディープでは無かったという印象。ストーリー自体はとても猟奇的で、連続殺人など、なかなかの演出なのですが、全体的な雰囲気がそうでは無かったということでしょうか。スマホを落としたことによる、個人情報を利用した犯人からの攻撃が、いちいち恐怖感を誘うほどでもなく、ある意味コメディっぽい感じになっているところが、そう感じさせるのでしょう。これはホラー映画ではなかったのですね。

クライマックスの場面で、犯人がニヤニヤしながらヒロインの秘密を語らせる場面。これって、ここで語るようなことなんですか?思い切り肩透かしを食らったような印象なんですが?もうちょっと恋人関係に影響のあるようなエピソードであれば、素直に反発して見せて、許すよという展開が見えるのに、これはかなり中途半端でしょうという感じでした。

面白かったのは、黒髪で変装した犯人の描写と音楽。なかなか雰囲気が出ていました。犯人のここぞという時の豹変ぶりは、面白いのですが、ちょっと失笑を誘います。北川景子は大人しい雰囲気で好感が持てました。スマホはまぁ、時々落としたり壊したりするものなので、あまり色々と頼ると面倒なことになりますね。ほどほどにお付き合いしましょう!

2019.2.2 JAL070(HCMC-羽田)にて、機内鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「ともしび」 (2017仏) 老境の孤独を克明に描くシャーロットの名演技

帰国の際に、これは見ようと思って前売りをネットで購入して置いた映画の一つ。以前見た「さざなみ」の、シャーロット・ランプリングの演技が素晴らしく、これは同じ系統の映画だと思い、注文しておきました。彼女の演技は期待通りの物でした。2017年の映画で、フランス/イタリア/ベルギー製作。シャーロット・ランプリングは、ベネチアの主演女優賞受賞です。アンドレア・パラオロ監督の作品です。

あらすじ
老夫婦二人で、静かな生活を営むアンナは、夫の収監を皮切りに、いままでの生活が徐々に崩れていく。アンナは、懸命に今までの生活を営もうとするが、徐々に生活が始め、老境のアンナを追い詰めていく…。



映画は、いきなり奇妙な発声練習の場面から始まりました。かなり異様なスタートで、この映画只者ではないという感じです。これは、アンナが所属する演劇クラブの練習。彼女の生活の大部分は、演劇のほかに、裕福な家の家政婦のパート、そしてあとは夫(アンドレ・ウィルム)との静かな生活でした。ある日の夫との静かな夕食の場面があり、その翌日夫は警察に出頭し、そのまま収監されてしまいます。一人での生活になったアンナですが、相変わらず、演劇クラブ、家政婦、そして会員制プールと、しばらくはあまり変化がありませんでした。

映画は、アンナの日常生活を克明に描いていきます。そして繰り返しの中で少しづつ変化が表れてきます。上の階から漏れてくる水漏れと、シミのついた天井、それの修理の時に発見した、タンスの裏に張り付けてあった、夫の秘密の写真、日常を取り戻そうと生活を続けるアンナを徐々に孤独が蝕んでいきます。そして、音信不通の息子に家を訪ねるが、門前払いで家にも入れて貰えず、会員制のプールも期限が切れてしまい、演劇クラブも限界を感じ辞めてしまう。 夫になついていた犬は、新しい飼い主の手に引き取られていく。その中で、精神的に参ってしまい、トイレの中で一人慟哭してしまうのでした。

今までの長い生活で築き上げた人間関係や生活習慣がすべて崩れ去っていったアンナは、ある日電車の入線するホームに向かって駆け出します。あわやというタイミングでホームの端で立ち止まった彼女の前を電車が通り過ぎていく。彼女の表情には、これからの生活を再びしっかり生きていくという決意が見え隠れしていました。

ともしび

静かな、老境の女性の生活を克明に描く映画です。普段通りの日常生活が繰り返され、それに徐々に狂いが生じ、彼女を追い詰めていく姿が克明に描かれています。ナレーションもなく淡々と進行する映画で、印象は、以前の「さざなみ」の演技がパワーアップし、またクローズアップされています。そして、実質それに尽きるという感じでした。見始めてから、いつまでも淡々と序章的部分が進行し、この映画はいつから本題に入るのだろうと思っていましたが、すでにこれが本題でした。ああ、眠くなるかもとも思ったのですが、緊張感のある進行に、眠くもならず、でも淡々と時間が過ぎていきます。

内容は、老女の日常生活をあからさまに描くことに終始しています。その中から表現される、諦観、疎外感、後悔、執着など克明に表現していくものでした。きっと、彼女だから演技できた映画ということでしょう。普通に夫と生活し、カルチャーセンターに通い、時にはスポーツクラブで汗を流し、パートに出るという生活から、一つ一つが奪われ全く無くなってしまうという過程。夫が、息子が、仕事が、社会的なつながりの一つの会員証やサークルが、そして飼い犬や今までの夫との信頼関係まで。結果、全くの今までの社会との繋がりがゼロになっていきます。それを受け入れざるを得ない老女の姿を克明につづっていきます。

果たして、いままでの長い人生が、この老後に及んで完全にリセットされました。さてどう生きていきましょうかというところで、この映画は終わりました。そこから先は神のみぞ知るということになりますが、果たして老境で天涯孤独となった身で、何ができるでしょうか。この映画のラストは、それなりに前向きな決意が見えますが、それも力強いものではなく、僅かな抵抗という程度の感じに思えます。実際その立場に立ってみるとどうなっていくでしょうか。一つの状況を淡々とつづった映画ですが、それぞれの世代に対し、いろいろな思考を促す映画だと思います。見事でした。

2019.2.5 シネスイッチ銀座にて

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「コーヒーが冷めないうちに」 やはり冷めないうちに飲みたいですね

日本と勤務地の移動は、機内エンタメで最新映画が見られる、楽しい時間でもあるのですが、今回はあまり注目するような作品がありませんでした。その中で選んだ映画は、久しぶりの有村架純さんのもの。実は、時間の関係で、往きと帰りで半分ずつ見ました。2018年の日本映画です。

あらすじ
時田数が働く喫茶店・フニクリフニクラには奇妙な都市伝説があった。それは、店内のある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるというもの。しかし、過去に戻れるのはコーヒーをカップに注いでから、冷めてしまう間だけ。この不思議な噂を聞いた客や常連客が、連日喫茶店を訪れる。そんな過去ともう一度対峙したい人たちのお話である。



ある街の喫茶店「フニクリフニクラ」。そのある席で、コーヒーを飲むと過去に行くことができるのでした。ただし、条件があり、例えば、過去で努力しても起こった現実は変えられない。コーヒーが覚めるまでに飲み干さないと、現在に戻って来られなくなる。などなど…。これは、そんな喫茶店で過去に戻っていく人たちの物語でした。

第1話
フニクリフニクラに訪れた清川二美子(波瑠)は、一週間前のこの店のデートで別れることになってしまいました。それも、二美子の期待と、恋人の賀田多五郎(林遣都)の認識の相違から。それが、納得がいかず、過去に戻りたいと考えた二美子でした。過去に戻った二美子は、五郎の本当の気持ちを改めて知り、自分のプライドが交際の邪魔になっていたことを悟ります。現実に戻った二美子は未来は変えられると信じ、行動に出るのでした。

第2話
房木(松重豊)は、看護師をしている初老の男、妻の佳代(薬師丸ひろ子)は認知症が進んでしまい、房木はすでに妻が自分のことを忘れてしまったことに気づき、看護に先行き不安を感じていました。そんな時、房木は佳代の書いた一通の手紙の存在を知り、それを確かめに過去に向かいます。その手紙には、自分の病状を知った妻が、自分たちは夫婦だから、将来看護師として付き合ってくれるのなら遠慮なく離れて欲しい。自分たちは夫婦なのだから、記憶を失っても夫婦でありたい。という内容でした。

第3話
八絵子(吉田羊)は、実家の老舗旅館を飛び出し、都会で生活していました。旅館は妹の久美(松本若菜)が若女将として働いていて、しきりに戻ってきて欲しいと、八絵子に会いに来ます。八絵子は、妹は、姉のせいで旅館を継がざるを得なくなり、恨んでいると思い、彼女を避けていました。そして会いに来た帰り道、久美は交通事故で無くなってしまいます。お葬式の後、八絵子は妹が最後に会いに来た日に戻り、八絵子は久美に旅館に戻ることを告げ、それを聞いた久美は、「お姉ちゃんと一緒に旅館やるのが夢だった」と大変幸せそうだったのでした。

第4話
最後は、時間移動できるこのコーヒーをこの入れることができる、時田家の女性のお話です。ここで、ウエイトレスでコーヒーを入れている、時田数(有村架純)。いつもその席に座っている、幽霊さん(石田ゆり子)、そして数の恋人新谷亮介(伊藤健太郎)がからみ、メインキャストたちの秘密と感動の物語となりますが、詳しくは映画で…。

コーヒーが冷めないうちに

最近、新作を追っていなかったので、有村架純さんの映画はずいぶんと久しぶりになります。相変わらず静かな感じが、彼女らしくていい感じでした。ストーリーはオムニパスで4つの物語。過去に戻って、改めて自分をみつけ、未来志向に転換していく話で、どれも好感が持てるものでした。それぞれの物語のヒロインは、波瑠、薬師丸ひろ子、吉田羊と錚々たるメンバーが個性的な演技を見せてくれて、いっぺんに沢山の女優さんを見られるのも良かったです。

泣ける話は、素直に従ってしまう方ですが、この中では薬師丸ひろ子のお話が一番良かったかなと思いました。素直に泣けるという点で。やはり、人生と愛情を積み重ねてきて、最後にそれを周囲のつながりから振り返ることのできるような話には弱いなと再認識した次第でした。次に良かったのは完結の物語で、この映画のメインのお話。有村架純の娘も元気良くて、大変ほほえましい。今風そのものですが、好演です。

さて、気になるのは繰り返される、冷めかけたコーヒーを一気に飲み干す光景。映画のシチュエーション上そうなる訳ですが、日常でコーヒーをがぶ飲みする機会って、どんな時だろうと考えてしまいました。缶コーヒーをがぶ飲みするのは状況が違いますから、やはり頼んだコーヒーを忘れて、話や何かに没頭してしまった時。よく起こる話なので、コーヒーが冷めないうちに、すべてを解決するという事は相当難しいことで、それが出来れば大変スッキリした結果が生まれるという事ですね。

2019.2.10 JL759便(成田-ホーチミン)機内にて

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「暁の用心棒」 外連味のないマカロニは素直に楽しもう

たまたま帰国した時にやっていたマカロニを、これは見逃すまいと録画視聴しました。見てみればやはりマカロニで、なかなか楽しめました。1967年の制作。勿論イタリア映画になります。

あらすじ
アメリカ・メキシコ国境の小さな村にやってきた男は、アメリカからメキシコへ貸与する金貨の引き渡し現場に遭遇、アギラ一味と協力しこれを奪いますが、アギラは分け前を男に渡さず村の若い女を連れて逃走した。これを追う男は金貨を奪い返したものの、村に戻った時、追いついたアギラ一味との銃撃戦となり…。



アメリカとメキシコの国境にある小さな村にやってきたちょっと胡散臭い男(トニー・アンソニー)はホテル兼酒場に入り、ほぼ勝手に酒を飲みつつ部屋に入ります。その頃、悪党の棟梁アギラ(フランク・ウォルフ)一味がこの町に到着。狙いは、アメリカ政府がメキシコ政府に貸与する金貨でした。そこに受け取りに到着した、メキシコの兵士を全員射殺。アギラたちはそのメキシコ兵に変装して待ち構えます。男は、これを見て、自分はアメリカの将校といつわり、分け前を出すなら金貨を穏便に奪取すると持ち掛けると、間もなく到着したアメリカ軍に芝居をうち、見事無傷で金貨の横取りに成功しました。

しかし、悪党集団が一人の行きずりの男に分け前を渡すはずがありません。アギラたちは男を葬り去ろうとしますが、男は金貨を奪って逃走。若い女(ヨランダ・モディオ)の家に逃げ込みます。しかし、アギラ一味はこれを包囲。男は屋根伝いに逃げましたが、女はアギラたちに金貨とともに連れ去られ、彼らは、アジトに戻って祝杯をあげました。後をつけて来た男はアジトに忍び込み、一瞬金貨を手中におさめましたが、アギラたちに発見されリンチにあいます。隙を見て逃げ出した男は金貨と女を伴って再び逃走、女と村に帰ったところで、追ってきたアギラに見つかり銃撃戦に。この決闘を勝ち抜いた男は、金貨を持って村を出ようとしたところで、アメリカ軍兵士たちに包囲されてしまいます。観念した男は、アギラたちにかかっていた懸賞金分だけの金貨をいただき、再び旅に出るのでした。

暁の用心棒

久しぶりのマカロニウエスタン。題名に用心棒が入るのもお約束です。原題は、「One Dollar in the Teeth」。これは途中の象徴的なカットを題名に持ってきたものですが、ストーリーを素直に表すものでもないので、「暁の用心棒」でもなんでもOKというところでしょう。ストーリーは極めて簡単なもので、風来坊の「よそ者」が国境の街で悪党たちとつるみ、金貨を奪取。当然のごとく仲間割れで、金貨を巡って争いになり、そこに町の一般人の女性が人質に取られて、女と金をいかに奪い返すかという物語でした。

きわめてシンプルな展開で、バッタバッタと人が斃れるところも定番であり、ある意味無駄のない話です。だいたいマカロニウエスタンでも、途中で町のお偉方が複雑に絡んだりするのですが、それも一切無し。ひたすらバトルの応酬です。そういう意味では息も抜けず、集中して見てしまいました。ある意味外連味のない作品と言えると思います。

主役のトニー・アンソニーはじめ、あまり知らない人ばかりですが、アギラ役のフランク・ウォルフが、この中では比較的有名作品に出ていますね。あまり彼に集中して見たことがないので、どんな役で出ていたのか覚えておりません。ただただ、久しぶりにマカロニを見ることが出来て楽しかったので、これからも機会を逃さずいろいろと見ていきたいと改めて思った次第です。やはりマカロニには、有無を言わせない魅力があります。

2019.2.6 自宅にてNHKBRプレミアムから録画視聴

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR