FC2ブログ

「13号待避線より その護送車を狙え」 1960年の絵に魅了される

iPadにダウンロードして持ち歩いていた映画なのですが、時間ができた時に見てみました。鈴木清順監督の映画ですので、いろいろとサスペンスやアクションが楽しめるのではないかと思います。原作は島田一男というのも、一世を風靡した推理小説作家ですので、楽しみです。1960年日活の作品です。

あらすじ
囚人を輸送中の護送車が襲われ、2名が死亡する。責任を問われた多門は6ヶ月の職務停止処分を受け、その間に犯人追及に乗り出した。そして、護送中に生き残った五郎を手掛かりに追跡、熱海のストリップショーを仕切る浜十組に行き当たる。熱海では五郎の恋人津奈子の相方のマリが狙撃されて死亡、一方浜十では組長は入院し、娘の優子がまとめていたが、実質は赤堀が仕切っていた。優子は、組を危ない方向に導こうとする赤堀と対立し、また多門は優子に接近し情報を得ようとするが、二人の前で五郎の乗った車が崖の上から転落してしまう…。



山中を走る護送車には、保釈金を積んで出所する五郎(小沢昭一)たちが乗っていました。このバスが山道で襲われ2人の囚人が狙撃されて死亡します。その責任を問われ護送に当たっていた刑務官の多門(水島道太郎)は6ヶ月の停職となってしまいました。多門はこの事件を解決すべく、休職期間中に自ら調査を始め、まずは五郎の行先を突き止め問いただしますが、上手くかわされてしまいました。多門は、殺された囚人のうちの一人に姉がいたことに目をつけ小屋を訪ねましたが、そのマリ(久木登紀子)という女性は、五郎の恋人の津奈子(白木マリ)と一緒に昨日やめたとのこと。多門は小屋の主人から熱海の「河鹿館」という名前を聞き、さっそく向かいます。しかし、お座敷ストリップの様子を見に行った多門の目の前で、マリがどこからともなく飛んできた矢で殺されてしまいました。

多門は、周旋屋の浜十組の名前を聞き、組を訪ねてそこにいた赤堀(安部徹)に、親分に合わせろと迫ります。紹介されて乗り込むと、そこでは組長の娘の優子(渡辺美佐子)が洋弓を構えています。多門は優子を問いただしますが適当にあしらわれました。その夜、優子を訪ねてきた赤堀に、優子は組を危険にさらすような勝手なことをするなと釘を刺しますが、赤堀は聞く耳を持たない様子でした。多門は奈津子から五郎の居場所を聞き、湯河原に向かいますが、途中で崖から五郎が突き落とされるところを見ます。その後、五郎の消息を追って奈津子と東京に向かう多門。同時に優子も赤堀も東京に向かいました。多門は奈津子とはぐれ、自分の下宿に戻るとそこにいたのは優子でした。

一方、奈津子は待ち合わせ場所で五郎と再会。五郎は奈津子に御殿場で待つようにいいます。多門は翌日新宿を歩きながら、この事件の黒幕として名前の登場する、秋葉の名前の入ったトラックを見つけたので、後を追います。しかし、先回りしていた赤堀の部下たちに狙撃され、その場に潜入していた優子の機転で一命をとりとめますが、殴られて失神してしまいました。多門は気が付くと病院にいて優子が看病していました。優子に助けられた多門は事情を問いただしますが、黙って帰ってしまい、入れ替わりに刑事がやってきて、五郎がまだ生きていることを告げます。多門は刑事が席を離れた隙に病院を抜け出し、熱海の優子の元に向かいました。

多門は優子の部屋に入ると、一部始終を問いただします。優子は赤堀が組を秋葉に売ろうとしていると漏らしますが、そこに現れたのは銃を持った赤堀でした。多門は赤堀と格闘して銃を奪い、秋葉は御殿場にいると聞き出します。御殿場では人身売買の為に集めた女たちでパーティーをしていました。一方、御殿場に向かった多門と優子は途中で赤堀の部下につかまってしまい、タンクローリーに縛り付けられ、タンクもろとも爆破されそうになりますが、そこは間一髪抜け出します。多門は奪ったタンクローリーで御殿場を目指し、途中で睡眠薬で眠らされた女たちを運んできたバスとすれ違います。その中に五郎を発見、外に出た五郎は仲間から撃たれ、死に際に秋葉は御殿場駅の小屋にいるとの情報を残しました。

そして、御殿場の操車場に現れた二人と、そこに立ちはだかる、秋葉と赤堀たち。そして、駅の引き込み線での最後の決戦となりました。果たして秋葉の正体は、また多門と優子はどうなるのか…。

13号退避線より その護送車を狙え

あらすじを書いてみましたが、この通り目まぐるしい展開で一気にみせる映画でした。これだけエピソードを詰め込めば、回収しきれていないところもあろうというものですが、有無を言わさず見せ切ってしまう形です。そして、アクションシーンもなかなかカッコいいというか、構図が決まっていて、素晴らしい映像を見せてくれます。サスペンスの面白さという意味では、かなりのものだと思いました。

そして、この映画は、当時の東海道の風物も満載です。80系の湘南電車の雄姿も、なかなかいい構図で納められています。御殿場駅構内での9600型のSLも登場し、サービス満点。あとは、いすゞのボンネットトラックやタンクローリーもいい雰囲気でした。これも、構図がしっかり決まっているので、なんかカッコいいなと思いました。そして、当時の風俗。ストリップ小屋や旅館の様子など、それぞれがうまく画面に納まっていて、見どころも多いと思いました。

その中で、ひときわ目立つのが渡辺美佐子なのです。小学生の時、渡辺美佐子って結構気になる女優さんだったのです。さすがに、当時は40代くらいと思うので、小学生の私としてはあまり大っぴらに語れませんでしたが…。この映画では、30歳ちょっと前という感じですかね。なかなか凛として美しいと思いました。昭和35年、生まれるちょっと前なのですが、鈴木清順の手になる、いろいろと魅せてくれるサスペンスアクション。いいですね。楽しかったです。

2018.11.23 帰国の機内など、いろいろなタイミングで、iPadオフライン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「夜の蝶」 大映2大女優が銀座を舞台にバトル

国内線でハノイへの2時間のお供として、Youtubeの動画をオフライン保存して持っていった映画です。飛行機の中であれば、いろいろと集中できるので、見る環境としてはいいと思います。というか、動くこともできないのでヒマ。持っていった理由は、たまたま目についたということ。全部見切れなかったので、残りをハノイのカフェで見ていました。1957年の映画で、監督は、吉村公三郎。大映作品です。

あらすじ
一流のバー「フランソワ」のマダム・マリが活躍する銀座に、京都からおきくが進出してくる。おきくはかつてマリの夫を奪った因縁の相手だった。この2人の壮絶なバトルに、マリが思いをよせ、おきくのパトロンでもある白沢や、おきくが結婚したいと貢ぎ続ける医学生の原田がからみ、2人のバトルはクライマックスへ…。



銀座では一流のバー「フランソワ」のマダム・マリ(京マチ子)は派手で明るい女性でした。数々の有名人と付き合って、うまく店を切り盛りしています。その銀座へ、京都の舞妓上りのおきく(山本富士子)が東京に進出し、新たにバーを開業することになりました。おきくは、かつてマリの夫を寝取った女で、因縁の相手です。おきくは、マリたちと懇意の周旋屋の秀二(船越英二)に頼み込み、女給をそろえ、銀座の人気の一角を占めるようになっていきます。

おきくは奪ったマリの夫の死後、京都のバーからスタートし、一方で、若い医学生原田(芥川比呂志)に学費をみついで、将来の結婚を夢みていまして。そのような、銀座の争奪戦の中で、東京進出を狙う関西のデパート社長の白沢(山村聡)が、東京進出の許可を取るべく、東京に滞在していました。実は、マリは白沢にぞっこんで、一方白沢はおきくのパトロンという関係の中、マリとおきくの争いはますます白熱していきました。

おきくは白沢をつなぎつつも、本心は原田との結婚にありましたが、原田は同僚の女性と結婚することになってしまい、一方白沢は腹心の木崎(小沢栄太郎)の裏切りで東京進出の夢を絶たれます。そのことを知ったマリは積極的に白沢に近づき、原田を失って悲嘆にくれているおきくに、高らかに勝利宣言の電話をかけると、車で二人きりで白沢の別荘へ向かいました。進退窮まったおきくは、酔っぱらったまま、車で白沢の車を追いかけ、白沢の車に並ぶと体当たり。マリとおきくはあっけなく死んでしまい、白沢は一命をとりとめます。二人を失った銀座ではお悔やみの一日となりますが、早くも新人が頭角を現し、しのぎを削り始めるのでした。

夜の蝶

これは、まぁストーリーは凡庸で、なるほどという納得感もなく、という感じでした。やはり、目玉は当時の大映の2大女優である、京マチ子山本富士子のバトルです。その中で狂言回し的な役割の船越英二がなかなか渋い演技を見せています。あとは、まあ山村聡とか、小沢栄太郎とかは、ストーリーを追っての役なので、すごく光るというものではないと思いました。思い続けた恋人に振られ、パトロンまで取られてしまった山本富士子京マチ子はこれで過去の借りを返したというところでしょうが、逆上した山本富士子が爆発して共倒れ。あまりシリアスで、凝った話ではないですね。

という訳で、二大女優で客を呼び込む、娯楽作品でした。どちらを応援するかと言えば、私はこの二人ではなく、若尾文子派なので、まぁどちらでも良かったです(笑)。でも、二人がぐっとこらえて、お互いに当てつけながら火花を散らすシーンなどは見ごたえがあります。その中をふらふらと渡り歩く山村聡という構図でした。こういう渡り歩き方をしていると疲れませんですかねと心配します。まぁ。成り行きでそうなってしまったのでしょうが、最後は一命をとりとめる、というほどの事になってしまいました。

あとは、見どころは当時の銀座の雰囲気や、田舎から出てきてホステスとして成長していく早苗(川上康子)のエピソードなど。そのくらいかな。2大女優が出ていなければ、あっさり消えていく泡沫のようなストーリーでありました。テレビがまだ普及途上の時代の、この時代のアイドル映画?ということで楽しんだひと時でした。

2018.11.14 Youtube動画をオフラインでハノイ行きの機内で見る。iPad鑑賞。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「米」 美しい映像で綴られる社会主義リアリズム

引き続き、古めの邦画を見続けております。この映画はキネ旬1位を取っているようです。どういう映画は良く知らなかったのですが、文芸大作ということで、心してみました。題名から、何かプロレタリア文学的なものを想起させます。1957年の映画で、今井正監督、東映配給になります。

あらすじ
霞ケ浦の半農半漁の村。田植えを祝う祭りの夜、次男は対岸の村の娘たちを冷やかしに出かける。そして、純真そうな千代という女性を見初めてしまう。次男は、仙吉と組んで船を借りて漁にでて漁場を荒らしまくる。そこで隣村のよねと千代の母娘が乗った船と諍いになるが、千代は次男を気にかけていた。よねが刺し網の使用で捕まってしまいい、同じころ仙吉と次男の船が沈んで、次男だけ千代に助けられる。千代の家で療養する仙吉は、よねが刑を受けない為には1万円必要と知り、夏場の漁の稼ぎを千代に渡そうとするが…。



霞ヶ浦の沿岸の半農半漁の村が舞台です。時期は春で、田植を祝う村祭が開催されています。魚問屋に働く定子(岡田敏子)たちは、春の祭りを楽しんでいましたが、この村の男たちは、その夜になると対岸の村へ押しかけ、娘らを冷かすことを楽しみにしていました。農家の次男坊の田村次男(江原真二郎)もその中の一人。対岸の村の農家の壁の隙間からのぞき見すると、黙々と仕事にいそしむ千代(中村雅子)の清純な姿を見初めます。ある日次男は漁にでて、はえ繩に掛った大鰻のことから、周りにいた千代の母よね(望月優子)ともめ事を起こしてしまいました。その後、次男と定子の兄の仙吉(木村功)と、船を借りて帆曳きを始めました。定子は次男に好意を寄せ、酒席でアタックしましたが、次男はつれない様子で、定子は落ち込んでしまいます。

無鉄砲な仙吉と次男は、隣村との境界線を越えて獲りまくり、そのため漁場が荒らされるのを防ぐべく、隣村は遂に逆杭を打ちます。ある夜、よねは禁止されたさし網をやっている最中、監視船にみつかりってしまいました。一方、次男と仙吉は嵐の夜に逆杭に引っ掛り、仙吉は死亡、次男は危い処を千代に救われました。それから、次男は千代の家で療養し、二人はいい関係になりますが、回復して帰る途中で、千代から仙吉が死んだことを知らされました。

地主の松之助(山形勲)はさし網事件を利用して、よねから貸地を取上げようと、一万円あれば無罪にしてやると持ち掛けます。信じたよねは、千代を通して次男の金を借りようとしたが、千代は云い出せず親子喧嘩となってしまった。これを知った次男は一万円を残して去っていきます。ある雨の日、刺し網事件の出頭要請に、土浦の警察まで出向いたよねは、罪の恐しさから中に入れず、村に戻って湖岸で自らの生命を断ってしまいました。そして、晩秋の空のもと、よねの葬列を母親とともり次男は見送り、葬列の千代と熱い視線をからませるのでした。

米

とりあえず、言葉が解りづらかったです。古い映画は微妙にわかりづらいことはよくあるのですが、この映画は霞ケ浦周辺の方言で語られています。私も鹿行地域に住んだことがあるのですが、西日本の育ちなので、ついに言葉になじめませんでした。で、前半は何やらわからないままに過ぎていきました。後半に入って、よねを中心に話の筋が浮かび上がってくるので、そこはついていけました。いろいろなエピソードが積み重ねられた群像劇的な側面もありますので、しばらく話に入り込めなかったということでしょうか。

この映画は、見る前からプロレタリア文学的雰囲気がすごく漂っています。話の内容も、民衆の生活と出来事をリアリズムで描き上げ、権力に虐げられる民衆の話で幕を閉じる。そのものですね。それはそれで好きなジャンルだのですが、若いころまだ世界をよく知らない頃は、解りやすい話が多いので好んで読んでいましたが、この年になると、いろいろなものを見てしまったので、こういうことに対する感受性が落ちたかなと感じたりします。1957年であれば、まだ共産主義が勢力を保っていた時代ですので、その時代の雰囲気が解るという意味でも貴重です。

そして、この映画は映像が素晴らしいと思います。これは文句のつけようがありません。当時の農村風景がほぼ忠実に描かれていると思いました。霞ケ浦周辺の風景は、ある意味日本離れした開放的な風景ですが、それを見事に捉えていると思いました。そして、戦後長きにわたって、主義を貫徹して活躍した今井正監督。見ごたえのある作品が多いと思うので、いろいろ見てみたいと思いました。

2018.11.13 HCMC自宅にてパソコン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「女人哀愁」 1930年代のモダンな女性像を描く

戦前の手ごろな日本映画の完勝です。成瀬巳喜男の戦前の映画は、雪崩以来ですかね。なんとなく雰囲気に見当をつけながらの、気軽な鑑賞です。1937年の東宝(PCL)製作。先の雪崩と同時期の映画です。

あらすじ
銀座のレコード店に勤める広子は、お金持ちの家に嫁ぐが、女中同様に扱われてしまう。その家から駆け落ちで家出していた長女が、男と喧嘩をして戻ってきてしまい、その後男から連絡役を頼まれるようになる。そして、広子は女中のような扱いに不満を募らせる中で、男が起こした事件をきっかけに決断する…。



広子(入江たか子)は、銀座のレコード店に勤めていました。最近お見合いをしたばかりで、従兄の北村(佐伯秀男)に相談しますが、自分で決めるように言われてしまいます。広子の家に遊びに来ている北村の妹のよし子(堤真佐子)は、モダンな性格で、広子の母はよし子に、広子にいろいろ教えてやってと頼んでいます。そこに帰ってきた広子と北村。広子の母は、早速北村に相談。今回のお見合いの相手は堀江新一(北沢彪)というハイカラなお金持ちで、広子と合わないのではと心配しますが、それを聞いた広子は、モダンなダンスを母親の目の前で踊って見せました。

結局広子は新一と結婚し、堀江の家に入りました。家には両親と次女の道子(水上玲子)と次男。長女の洋子(沢蘭子)は、親の反対する益田(大河平八郎)という男と同棲する為に家を出て行っています。ここでの広子の生活は、女中以上に女中のように扱われ、妹たちからは金の無心も含め、いいように使われます。夫も毎日飲み歩いて家には遅くまで帰ってこない有り様で、帰ってきても、家族の誰かが頼みごとに来て、腰を落ち着けて話をする暇もありませんでした。広子は久しぶりに北村に会うと、結婚生活について不満を漏らします。

ある日、洋子は益田と喧嘩して戻ってきます。それも洋子の我儘な要求に益田がすぐに応えきれなかったことが原因でした。そしてそこに夫の新一が帰ってきて、広子が男と銀座を歩いていたと言って広子を責めます。広子は従兄の北村だと言っても機嫌は治りません。益田も洋子に会いに来ますが、洋子は取り合わず、益田は広子に洋子との取次ぎを頼みますが、洋子は無視。相変わらず、こき使われ家族の態度も変わらない様子に広子は不満が募っていきます。そして、益田が最後に洋子に会いたいという電話を広子が受けます。益田は洋子の為に会社の金を横領してしまったのです。警察に突き出すから居場所を教えろと迫る新一には応えず、広子は洋子にだけ教え、新一を無視。新一が広子を罵ると、広子は今までの不満をぶちまけ、家を出て行きました。後日広子は北村と銀座で会い、主婦業はやめて仕事で素晴らしいものを見つけていくと宣言するのでした。

女人哀愁

まとまりのいいお話でした。雪崩のようなちょっとアバンギャルドな雰囲気はなく、金持ちの家庭に嫁いで苦労する女性の話です。広子は、周囲から古い女の様に思われていますが、そもそも銀座のレコード店に勤めている女性で、考え方もしっかりしています。古風な女性になりようがありませんね。むしろ、嫁ぎ先のハイカラな家が、やることはモダンですが、考え方はよほど古いタイプの家のように思われます。しかし、横領犯となった男のもとに洋子をやるのは、それでもちょっとリスクがあるのではと思いました。

子供の宿題を見ている時に、いろいろと用事を言いつけられ、右往左往する広子のシーンはこの映画の中でも出色の面白い場面でした。ドタバタの様子がよく出ていると思います。最後に北村と何かあるのではと期待したのですが、それは無し。仕事に生きるという宣言は、やはり広子はモダンな女でした。そんなモダンな女に、北村もついて行けていないのかな?

銀座のレコード店というと、山野楽器を真っ先に思い出しますが、当時はレコードも扱っていたのでしょうか?創業は明治なので、店舗はあったのではと思うのですが…。当時の銀座はなかなか華やかで、1930年代の華やかな東京を忠実に再現した映画ってないのかなと思います。パリやロンドンは盛んに作られているのですが、東京も同じように繁栄していたはず。当時の東京を、戦争とはかけ離れた視点で作った映画は無いかな?と思うのですが、やはり賛美しづらいのかな?

2018.11.13 HCMC自宅にて、パソコン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR