FC2ブログ

「パッセンジャー(2016)」 身も凍るような体験

日本からベトナムへの機内での映画鑑賞。最近は画面も大きくなり、iPadと遜色ないグレードで楽しめるようになったのがありがたいのです。6時間弱のフライトなので、頑張って3本見ようと、気合を入れます。まずはパッセンジャー。ちょっと気楽な映画は後回しにして、まずは頑張って見る映画からスタートです。2016年の映画で、監督はモルテン・ティルドゥムです。

あらすじ
新たなる居住地を目指すして、5000人の乗客を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を出発。目的地の惑星到着まで120年、乗客は冬眠で過ごすことになる。だが乗客の中で、なぜか二人の男女だけが90年も早く目覚めてしまう…。エンジニアのジム・プレストン(クリス・プラット)と作家のオーロラ・レーン(ジェニファー・ローレンス)は、絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていくが…。



予備知識は、こういったあらすじだけだったので、てっきり2人同時に起きるのか、また時間が多少ずれたくらいで起きるのかなぁと思っていました。違うんですねこれ。

ジムは、誤った覚醒のおかげで、90年間を一人で過ごすしかないという状況に陥り、1年以上を孤独に生き抜きましたが、睡眠室に理想の女性を発見。長い逡巡の末、人為的に起こしてしまいました。ジムが毎日会話をしていた、バーテンダーのアンドロイド、アーサーは一部始終を知っており、ジムには秘密を守ることを約束するが、2人の関係が進展し愛情が育まれていくと、アーサーは安心し、オーロラに一部始終を語る。そして、修羅場となります。

しかし、宇宙船は、ジムの覚醒トラブルの原因となった事故の影響が徐々に拡大しており、システムがいろいろな所で変調をきたし始めると、クルーの一人がこれもトラブルで覚醒してしまいます。そして、宇宙船の異常を知った彼らは…。
という風に話が続いていきました。

パッセンジャー

宇宙船の修理は、SFらしい素晴らしいクライマックスです。そして、この宇宙船の船内の情景も素晴らしい。いい絵が続きます。SF映画としての画面の美しさはなかなかのもの。これは素直に認めます。

しかし、起こしますか?普通。他人の人生を奪ったというのはまさにその通りで、これはどう言い訳しようと、許されないでしょう。それは、オーロラが目覚めてから落ち着くまでの間の絶望感で十分に表現されます。ラストはある選択があって、いかにも愛が成就しました。めでたしめでたしみたいな、ドヤ顔を見せつけられたような感じですが、この選択もかなり非現実的ではないかな??。ということで、私には、納得感の得難いストーリーになってしまいました。修理の場面でジムが宇宙の藻屑となってしまい、オーロラは再び催眠に入ることが出来たというのが、普通のハッピーエンドですよね。

まぁ。これは人それぞれで、このシチュエーションであれば、どういう性格の人が起きるかによって、いろいろな展開が考えられるのでしょうから、あり得ないとは言いませんが。

この映画を見ていて、背筋の凍るような恐怖を感じたのは、ジェニファー・ローレンスが、人為的に起こされたことを知ったちょうどその時、ジムがエンゲージリングを手に現れた時の表情!!臨場感溢れる素晴らしい演出で、これほどゾッとするような場面はなかなか無いと思います。正直しびれました。怖いです。美しい女性だけに。

ということで、ストーリーは0点ですが、宇宙船の造形や、ジェニファー・ローレンスの身も凍るような演技と、葛藤の表現が秀逸なので、良かったということにしましょう。ストーリーは、私利私欲による殺人を正当化するようなものなので、やはり0点です。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」 野暮ったいヒーローと言うべきか

日本での週末、買い物がてらに観たのは「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」でした。いろいろ他に見たいのもあったんだけれども。ワイダの「残像」とか。でも、ちょっと軽めにしたかったので、これでした。あまり悪い評判は聞かないんですが、大丈夫ですか?有楽町のヒューマントラストシネマは、小さいほうの部屋で満席です。さて…。

あらすじ
テロの脅威の中のローマ。無愛想なチンピラ、エンツォ(クラウディオ・サンタマリア)は、警察に追われている時に起きたアクシデントで超人的なパワーを得てしまう。私利私欲のためにその力を使っていたエンツォだが、世話になっていた「オヤジ」を闇取引の最中に殺され、遺された娘アレッシア(イレニア・パストレッリ)の面倒を見ているうちに、正義に目覚めていく。アレッシアは、母の死によって精神のバランスが崩れ、「鋼鉄ジーグ」の世界に生きており、怪力を得たエンツォを主人公の司馬宙と同一視して慕っていた。だが、彼らの前に悪で名声を得ようとするジンガロ(ルカ・マリネッリ)が立ちはだかる…。



スタートはエンツォが追われているシーン。川に潜ってやり過ごすことに成功しますが、川底には放射性物質のドラムが。エンツォはこれを被ってしまい苦しみますが、翌日起きてみると超人的パワーを身に着けていました。一方で悪の組織の独裁者ジンガロは、冷血で部下を痛めつけるのも平気。アレッシアの父を使って薬物強奪を企みますが、これが失敗して父は死亡、父に個人的協力で同行していたエンツォは、その超人的な力で生き延び、アレッシアを訪ねます。

アレッシアは母の死から、アニメ「鋼鉄ジーグ」の世界に生きており、言う事が破綻気味。しかし、鋼鉄ジーグが世界を救うことを信じているのは、一貫して確かなようです。エンツォは、強盗を重ねながらのアレッシアの面倒を見るようになりますが、エンツォの超人的な力に目をつけたジンガロは、自分も力を得て世界を支配しようと二人に接近していきますが…。

ということで、話はその後も続き、善悪の超人の戦いの結末やいかに…ということです。

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

ストーリーを辿れば、普通にヒーローものになります。でも、これは見た感じは、そういったヒーロー物、例えばDCとかと比べると、相当異なる印象を受けました。まず、ヒーローが全然カッコよくない。風体もそうですが、一番印象に残ったのは走り方。何度も全力疾走しますが、受ける印象はオヤジの走り方(笑)。なんとなく野暮ったいのですわ。映像も、ハリウッドのようないかにも未来都市風のセットでなく、街の場末で取りましたという感じ。敢えてなんでしょうが、これ美しくありません。悪の巣窟の事務所も、冴えないバラックみたいなところだし…。

印象に残ったのは、アレッシアの可愛さ。セリフもアニメ的で面白いのですが、エンツォが鋼鉄ジーグのDVDを買ったのを見つけた時、「BOXセットで買ったの!」と驚いて、DVDセットを抱きしめるシーン。これは可愛い。そして、ドレスをアニメグッズの店で買うシーンは、「マジカルガール」を思い出しましたよ。それから、観覧車のシーンも見事でした。

ストーリーは正統的なヒーローものですが、それを普通の以下の野暮ったさで敢えて撮ってしまうという試み。さすが、イタリア映画という感じです。ドナテルロ賞の、主演助演の男優女優賞を総なめにした映画、そこまでかなぁとも思いますが、イタリアではヒットしたのですね。見た感じ、実は気宇壮大なヒーロー物が打ち消されてしまって、普通の話になったみたいな感じがして、私にはちょっとインパクトが弱かったのですが、思い返せば、ストーリーがしっかりしている上に、実は細かなところで、盛りだくさんな仕掛けがあって、ちょっと凝っており、面白い映画でもありました。そして、ラストはしっかりと決まりましたね。これは拍手です。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「ラプチャー 破裂」 ミュータントSFの傑作と言いたい

日本帰国の週末の映画鑑賞。他に見るものがあるだろう!と言われそうですが、なぜか「ラプチャー 破裂」 です。せっかくの日本なので、「昼顔」でも行こうかとも思ったのですが、こういうB級映画って、劇場で見る機会も少ないし、たまたま千葉劇場でやってましたので、怖いもの見たさで見に行きました。あんまりいい評判も聞かないのですが、劇場ホームページの説明に「SMホラー」ってありますが、それって何?というのも興味津々ですし、シャインバーグ監督の「セクレタリー」も大好きなので。

あらすじ
蜘蛛が嫌いなシングルマザーのレネー(ノオミ・ラパス)は、ある日突然拉致されてしまう。謎の隔離施設で目覚めた彼女を待っていたのは、その人にとっていちばん嫌いな物を与え続けるという人体実験だった。周りの部屋からの叫び声に怯えつつ、拘束され、実験対象となってしまったレネー。この実験は、誰が何のために行っているのだろうか…。



まずは場面設定。シングルマザーのレネーは、台所の蜘蛛で大騒ぎ。愛息に助けられ排除してもらいますが、彼女も母親として息子の学業や性格には一抹の不安を隠せない様子。週末に元夫に息子を預け、自分はスカイダイビングの予定で車を走らせますが、尾行車があり、仕組まれたパンクトラブルで会えなく拉致。気が付いてみると、見知らぬ部屋で監禁されていました。

ここでは、人に恐怖を与え、遺伝子を破裂させ別の人格に変えるという実験を行っており、レネーはその実験対象として選ばれて連れてこられた様子。周囲の部屋からは、その人にとっての最強の恐怖が与えられるので、悲鳴が響き渡っています。レネーはたまたま持っていたカッターナイフを使い、拘束状態から脱出。実験施設の中を探り始めますが…。

ラプチャー破裂

ネタバレを書かないと話が進まないのでここからネタバレします。注意してください

この映画の前半は、拉致と脱出行動により、実験施設の中身を解き明かしていく展開。そして、中盤以降、この実験施設の運営者の正体や意図が解き明かされていくという展開です。つまりそれは、一部の人類はある遺伝子に脆弱性があって、極限の恐怖状態に陥ると、その遺伝子が破裂し、その人間は転生することとなる。この施設を運営するのはその転生した人たちで、仲間を増やすべく、可能性のある遺伝子を持つ人間を拉致し、恐怖を与え、転生させて仲間を増やそうとしているという構図。これが秘密でした。

これ、とても気に入りました。というか、懐かしい。ミュータントSFという言葉が相当久しぶりに頭に浮かびました。それも、相当なオールドファッションのSFの感覚だと思います。いわば60年代風のアイデアです。もっとも、前半は監禁サスペンスになっているので、SFっぽいのは後半だけなので、SF映画というと、ちょっと語弊があるかもしれませんが。

監督がスティーヴン・シャインバーグということで、「セクレタリー」の監督ということで売ってしまい、それがSMホラーなる言葉に繋がっているのでしょうが、SMプレイは愛や快感がないとSMとはならないので、これにはお互いにそれは欠片もありませんから、100歩譲ってもSMではありません。むしろ昔のSFのワクワク感が呼び戻されて、これは見事に嵌ってしまいました。そもそもミュータントSFは、彼らが異端者として生まれてきたということの悲哀が描かれていることが多く、これもそんな雰囲気を醸し出しています。最後の方では葛藤も描かれます。シャインバーグ監督、よくぞこの感覚を呼び戻してくれました。感謝です。

という訳で、この映画、極めて個人的なお気に入りになりました。そして、ミュータントSFと言えば「スラン」(ヴァン・ヴォクト)。その名前は中学時代を思い出させますので、再び読み返してみたくなりました。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「サバイバル・ファミリー」 ファンタジー・コメディですね

久々の日本への帰路、夜行便の中ではあります.が、普段見れない、邦画を見てしまいました。最新とは言えませんが、比較的新しめ。予告編も見たことがあったので、馴染みはあります。予告編を見て、見たいと思った映画ではありませんが、まぁ成り行きで。

あらすじ
東京の鈴木家では、家族の関係が何となくしっくりいっていない様子。ある朝、テレビや冷蔵庫の電化製品、スマートフォンにパソコンといった通信機器、さらに電車や自動車、ガス、水道など、乾電池を使うものも含め電気を使うあらゆるものが突如動かなくなってしまう。この異常事態は、一週間経っても改善されず、ついに父は東京脱出を決断。祖父のいる鹿児島を目指して、家族の生死を賭けたサバイバルがはじまった。



結論から言えば、自分にとってはイマイチなテーマだったにもかかわらず、夜行便の眠い中で最後まで見てしまったのは、主題以上に映画が面白くできているからかもしれません。何といっても、終始ハラハラし通しですよ。こう言う状況になった映画では、必ず出てくるのが、人間の恐怖。略奪や強盗や。でも、このファミリーって、なけなしの自転車のケアも隙だらけだし、いつどうなることかと...。実際こういう事態に直面した場合、正直なところあまり予測がつきませんが、この程度なんでしょうか。結構性善説に頼っているような気もしました。

と、まぁ途中までは、現実との対比を頭に多少思い描きながら、そこはこうじゃないか?と、ツッコミを入れつつ見ていましたが、それもSLが出てきた時点でやめました。いや、これはなるほどと思いましたよ。華々しい登場です。でも、ファンタジー的に架空の世界でのなるほどであって、現実的な意味でなるほどと思った訳ではありません。だって、SLだってこれだけ線路を高速で走行するには、地上設備含め、いろいろ必要なものはあるし、止まってと叫べば止まるし。すし詰め状態でなく、程よく詰まった乗客は、何を目的で移動しているのか?とか、考えてしまう訳で…。そういう事ですので、こういうツッコミは気にしてはいけないファンタジーなんですね。

サバイバル・ファミリー

主題は良く分かりません。現代の都会の生活に警鐘を鳴らすまでは言っていない。有事に備えようでもない。最後の鹿児島での生活で原始共産社会を賛美するのかな?と一瞬頭によぎりましたが、民主カンプチアを思い出し、頭の中から追い払いました。幸いそうでは無かったようです。まぁ結局はラストもこんなんなんで、ちょっと変わっていて、破綻しつつある家族の絆をファンタジー風のコメディで描いた、再生の物語と納得しました。でも、見ているうちはなかなか楽しかったことは確かです。

実は、なんですが、私も小学生のころ、訳あって地方都市をはなれ、電気・ガス・水道のない家で半年ほど過ごし、一時間弱歩いて村の小学校に通ったことがあります。ご飯は石油缶を改造したかまどで炊き、水は井戸に何往復も汲みに行き、午後は薪を集めるなどなど、やり方が解っていればちゃんと生活できるものですよ。もっとも、ロウソクなどの必需品は買えたし、電池は使えましたが…。ということもあってか、この映画を見ても、まぁそんなもんだろうなと、醒めた目で見てしまい、映画のテーマとしてはあまり興味がないという結果になってしまうのかもしれません。

ただ、短時間で筏を組み上げて川を渡るという技術は持ち合わせていません。というか、これはかなり高度だと思います。ちょっと半信半疑で見てしまいました。(本来、筏を組み始める前に、上流下流をある程度探索して、一番渡りやすい地点を探るという行動が省略されていますが)。普段は脇を固めることの多い、小日向さんですが、今回主演での熱演お疲れさまでした。なかなか雰囲気が出ていました。大阪で家族皆から責められるところが良かったです。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「ゴーン・ガール」 可愛い妻と過ごすことの恐怖

久々のDVD鑑賞。「ゴーン・ガール」です。ロザムンド・パイクが、アカデミー賞主演女優賞ノミネートのこの映画ですが、なかなか評判もよろしいようで、期待して見ました。怖い女の人が主題のようなので、「氷の微笑」や「ミザリー」みたいな映画かなと、興味津々です。予備知識はほぼありません。

あらすじ
幸せに満ちた結婚生活を送っているように見えた、ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)だったが、結婚5周年の日、エイミーの姿が忽然と消える。家には争った形跡があり、さらにキッチンからエイミーの大量の血痕が見つかった。警察は失踪と他殺の両面から捜査を進めるうちに、アリバイがあいまいなニックを疑うようになる。エイミーは全米で有名な童話のモデルとしても有名で、美しい若妻が失踪したこの事件は注目され報道は過熱、ニックは全米から疑いの目を向けられてしまようになるが、やがて、二人の秘密が少しづつ暴かれていく…。



寝室の風景。夫は可愛い妻の頭蓋骨を割って、脳を見て、いったい何を考えているか知りたいという過激なセリフ。どう見ても異常ですが、なぜ?そんな情景からスタートです。そして、いきなりロザムンド・パイクが美しい!

物語は妻の失踪事件から。妙に整った事件現場に、違和感がありますが、警察もそこに違和感を感じているようです。物語の前半は、出会いから今までの結婚生活、妻の失踪と捜索、夫とその妹との共同作戦という形で話が進みます。妻が、有名な小説のモデルでもあったことから、全米で話題になり、大勢の捜索のボランティアも加わりますが、やがて(仕組まれた?)夫の小さな失策から、逆に妻殺しの嫌疑をかけられるようになり、今度は全米が敵になってしまいました。

そして、物語の転機。失踪した妻が登場。ここで、このストーリーの最初のネタが明かされ、失踪劇は妻の手の込んだ創作であることが明かされます。夫や夫の妹もうすうす気が付いているのですが、警察は彼の容疑を固めていきます。一方潜伏する妻の方にも事件が…

ゴーン・ガール

やはり、圧巻は再会してからの彼女の行動と、それに縛られて為すすべもない夫。「ミザリー」みたいに直接的な物理的恐怖が連続して押し寄せてくるという訳ではなく、いつ寝首を掻かれるかもしれないという状況で、美しい妻と一緒に暮らさざるを得ないという状況に陥ったことの恐怖。離婚すれば、再び全米が敵になってしまう。しかし、常に身の危険を感じていなければいけない。相手は、超美人のサイコパス妻。殺人歴ありだが、それを完全犯罪にしてしまう頭の良さ。ガミガミ言われるような感じではないですが、心は通っていない…。妻の名声だけはある。どうしますかねぇコレ!結婚なんて所詮…なんて立場に立てば、ある意味、贅沢な状況じゃないか!と言えなくもないのですが、ちょっと厳しいかな。

ラストシーンもこれまた素晴らしいので、奇妙な余韻を残しつつ見終わるのですが、よく考えてみると、警察の捜査とか、かなりご都合主義が入っていますね。血まみれでたどり着いて、病院へ行って、インタビューを受けて、警察の取り調べもあって、家に帰るまでシャワーを浴びないってことありますかね。ずっと監禁されていましたと言っても、捜査すればいろいろとボロも出そうだし。

ニール・パトリック・ハリスの演じる元クラスメイトのストーカーは、なかなか雰囲気が出ていたと思います。あとは、キャリー・クーンの演じる、夫の妹はなかなかの熱演でした。全体的に静かな雰囲気で、ヒタヒタと恐怖感が高まってくる感じは、なかなか良かったので、いろいろと突っ込みどころはあるにしても、大変面白かったです。何よりも清楚感も漂わせつつ、妖艶でかつ怖い、ロザムンド・パイクが、自分もこういう状況に陥ってみたいと思うくらい魅力的でありました。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「ワンダーウーマン」(2017) とにかくアクションシーンがカッコイイ

ホーチミンの映画事情にそれほど詳しい訳ではないので、シネコンで見ると、どうしても見る映画がハリウッドエンターティンメントに偏ってしまうようです。日本にいるとあまり見ないのですが・・・。でも、もし仮に各国の映画をやっていたとして、日本語字幕が無い訳ですから結局解らない訳ですし、これは仕方がないかも。日本映画も時々登場しますが、基本アニメです。今「どらえもん」やってます!
という訳で、今週見たのは「ワンダーウーマン」。DCコミックスのキャラで、今年八月の日本公開予定です。

あらすじ
ダイアナ(ガル・ギャドット)は、女性だけの一族アマゾンのプリンセスとして生まれ、幼少の頃から武術に興味を持っていた。女王ヒッポリタの寵愛を受け、武術の訓練は禁止されていたが、密かに鍛錬を積み、最強の戦士となる。ある日、沖合に墜落した戦闘機のパイロット、スティーヴ(クリス・パイン)を助けたことから、人類を戦争の神アレスのもたらす災厄から守るという、部族の宿命を知り、スティーヴとともに隠されたアマゾンの島を脱出、第一次大戦末期のヨーロッパに向かう。



アマゾン族のの島の武術訓練のシーンと、それを興味津々に眺める幼少期のダイアナ。少女時代は、密かに鍛錬を行い、見つかると、母に連れ帰られますが、成長し戦えるようになると、自ら訓練に志願、母も公認のものとなります。そして、この島の秘密、ゼウスやアレスの物語を聞き、世界を守るという自分の使命を感じ取るダイアナ。そして、多くの訓練を積んだダイアナは最強の戦士へと成長していました。

ある日、墜落したパイロット、スティーヴを助けたダイアナは、初めて見た男性。一族と共に追っ手を倒し、スティーヴに外界の様子を聞くことになります。第一次大戦の末期、ドイツは最終兵器である化学兵器の開発がまさに成功しようとしている折、スパイとして敵陣に潜入していたスティーヴは、身分がばれて命からがら逃げだしてきたとの事。ダイアナは、戦争の背後にアレスの存在を感じ取り、女王の反対を押し切ってヨーロッパへと渡るのでした。

という訳で、ダイアナのヨーロッパでの活躍が始まりました。

ワンダーウーマン

楽しかったです。素直に。やはり、戦闘シーンが素晴らしい。このストーリーの中で、大きなものは、スティーヴの追っ手を倒す戦闘、ドイツ軍との前線での戦闘、アレスとの戦闘がありますが、どれも最強の戦士ぶりを発揮していました。剣と盾を駆使した武術、投げ縄を使った戦闘、怪力ぶり、空中を跳躍するアクションシーンと、久しぶりにかっこいい戦闘シーンを見ました。グダグダな殴り合いではなく、スカッと決まっていてとても楽しい見ものでした。

女性の戦士が活躍すると、ゲームのキャラとかなり被ります。ワンダーウーマンは毒耐性も有るようですよ。ドイツ軍相手は、言わばザコキャラとの闘い、そして最後のラスボスとの戦いへと盛り上がっていく。機関銃の一斉射撃を受けても、盾で耐えて見せる。そして、盾と剣を持ち、一気に敵に切り込む。たまりませんねぇ。時々、エネルギーを放出するスキルも発動します!最後は、エンハンスもかかりますね…。

ストーリーも、そこそこにまとまっていて、なかなか堪能しました。とにかく、ワンダーウーマンがかっこいいので、それだけで楽しめました。そして、幼女の頃のダイアナはとても可愛いです。いわゆる進化前というやつです(笑)

さて、今日も朝8:20初回の鑑賞。相変わらず観客は1人でした。といっても、こちらのシネコンは部屋が沢山あるにもかかわらず、封切時は同じ映画を、早朝から深夜まで、1時間おきくらいに複数のスクリーンで同時にやるので、夜とかは結構入っているようです。逆に部屋数の割にやっている映画の数がとても少ない。そして、1~2週間で終わってしまいます。毎週新作を追わないと、つい見逃してしまうと言う事にもなりかねません。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR