FC2ブログ

「朝食、昼食、そして夕食」交錯する愛と人生

2010年スペインにて製作の映画。朝昼晩の食事を介し、そこで起こる様々なことを綴った群像劇。原題は「18 COMIDAS」で、訳すと「18の食事」となります。色々な登場人物が交錯していく、群像劇の典型的な展開となり、朝食から夕食までの1日の時間の中に、愛と人生がこめられています。

スペイン巡礼の終点ガリシア州。ストリート・ミュージシャン、エドゥのギターで、その街の朝が静かに始まる。前夜から呑み続け、そのまま朝食に突入する二人の男、腹をすかして市場のチョリソを盗むマケドニアの青年、兄にゲイであることを隠し通そうとする弟、現れない恋人のためにひたすら料理を作り続ける脇役俳優、そして沈黙の中で質素な食事をする老夫婦。そして、エドゥのもとに、昔愛した女性から突然電話が入り…。



冒頭で、物語のテーマが提示されます。食事はこの町で1日50万回あり、人にとって食事は開放的になる瞬間で、人生の転機にもなりうると。一つ一つのシーンは比較的短く綴られていき、見ていて飽きが来ません。なかなかいい造りだと思います。それぞれの人生と交錯をすべて読み解くのは一度みただけではわかりづらいところもありますが、簡単に並べてみます。

1.ストリートミュージシャン
朝のガリシアでギターを弾きながら歌う。そこにソーセージを盗んできた青年がからむ。そして、突然の昔の恋人からの電話。彼女は結婚して子供もいるが、二人が留守の時間に昼食に訪ねる。彼女の何か物言いたげで煮え切らない態度に痺れをきらし、最後は久しぶりのキスでお別れ。夜再び街頭にたち歌を歌っていると朝の青年が再び現れ、マケドニアの出身で家族から逃げ出してきたという。2人はセッションを始める。

2.飲み続ける2人の男
かなりご機嫌な2人が朝食をとっている。2人は片方のいとこである脇役俳優の家を訪ねる。そこには朝食を作って恋人を待つ脇役俳優がいたが、迷惑そうな彼を尻目に朝食をつまむ。そこにもう一人の友人も現れ、さらに待っていた彼女からは来られないという電話も入る。
2人はプレゼントとしてモダンアートの画家を尋ね、絵を描いてもらい、夕方からの友人のパーティに出席、盛り上がって脇役俳優を電話でさそう。結局彼女に来てもらえなかった脇役俳優もパーティーへと家を出る。

3.寂しげな主婦
子供の朝食をみながら話しかけている主婦。どこか寂しげで悩みがある様子。一人でビールをあけて飲むが夫からなじられる。昼食にストリートミュージシャンを呼ぶ。理由は夢でみたからと。昔話に花が咲くが今は微妙な関係で、彼にどこかへ攫って行って欲しい様子だが、うまく話が進展していかない。結局中途半端なもやもやした状態で彼は帰ることになり、夕食で夫を迎える。そこで再び朝から子供の前でビールを飲むなと諭されるが、彼女は離婚を切り出す。

朝食、昼食、そして夕食

4.老夫婦
2人きりで質素な食事をとる老夫婦。もはや会話はなく、静かな時間が流れていく。昼食も同様に2人だけ。夕食も同様に2人だけ。判で押したような毎日が続いている。この映画のタイムキーパーのようである。夕食のとき、階下から賑やかなパーティーの音が聞える。

5.脇役俳優
身なりをピシッと整え、恋人のためにきれいにしつらえた朝食をつくり待っていると、2の3人が入ってくる。恋人は朝食に現れず、何時になるか解らないと。3人が帰ったあと、再びきれいに盛り付けた昼食をつくる。恋人は来られないとのことで、また一人でたべる。再び夕食を作る。恋人とはうまく連絡が取れず、結局一人で食べることとなり、2のいとこの誘いに応じてパーティーに出かけてしまう。

6.ウエイトレスと兄弟と弟の彼
飛行機でついた男は朝食を取りにレストランへ。そこで出会ったウエイトレスを口説いて同伴し、彼の弟の家に食事に行く。弟はゲイで男と2人で住んでおり、ゲイであることが兄にばれると大変ということで、そういった態度は出さないよう示し合わす。兄とウエイトレスが来て食事が始まったが、雰囲気で兄は弟たちが深い関係であることを悟り、弟の彼が作った料理に難癖をつけたことから口論に。ゲイであることの葛藤のある弟と、世間体を気にする兄の言葉の応酬となるが、何とか和解する。

7.一夜を共にした2人
彼女の家で一夜を共にした2人。彼女となんとなく別れ、脇役俳優の家に乱入。朝食をとる。今日は彼の誕生パーティで、夜は大勢の友人たちが集まる。最後に遅れて朝の彼女がパーティー会場に現れる。

8.マケドニアの青年
朝は肉屋でソーセージを盗み逃走。ストリートミュージシャンと絡む。夜も再び訪れ、マケドニアからヨーロッパの果てまで来たと明かし、2人でセッションを始める。

9.レストランを切り盛りする姉妹
人手不足で、レストランを切り盛りするのが大変な姉妹だが、妹が歌手のオーデションを受けると言い出す。決心は変わらず親子でツアーコンサートを行っているバンドのオーディションを受ける。ところが親の方が食事中に突然命を落とし、妹は彼らを助け、歌手としてバンドに入ることになる。

10.年の離れた2人
高級レストランで夕食をとる初老の男と若い女。女は同居をせがむが、男は同居すると別れたときの喪失感に絶えられないと拒む。結局話は平行線を辿り、2人はレストランの中で別離の熱いキスを交わす。

とまぁ、こんな感じになりました。これらが1分程度の短時間で交錯していきます。比較的長いカットは、昼食の部の、ストリートミュージシャンと主婦のシーンと、ゲイの弟を訪ねた兄のシーン。この2つは静かな心理劇が続き、緊張感が高まりました。

全体として、1日の時間にこれだけの人生が詰め込まれた群像劇で、一つ一つのシーンが凝縮され、それをうまくつないでいく。とても見応えがあり、いろんなエピソードの積み重ねが素晴らしい映画を作っていると思います。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR