FC2ブログ

<短編> 'Confirmation' (2018)

Amazonに出ている短編映画を気軽に1本という感じで鑑賞です。8分のものなので、どんな趣向があるかなという期待。白いジャケットがちょっとアート感を漂わせています。
ネット邦題:確認

あらすじ
ホテルにチェックインした、スクープのあだ名を持つ記者のジョン・テトリー(グレゴリー・サノン)は、家族に電話をすると、部屋の中で同僚のバディ(ミコ・デフォー)と、テレビで放送している、地元で蔓延し始めた疫病について会話をします。死者はうなぎのぼりに増えており、二人はいったい何が起こっているのかと不安そうでした。二人は、明日のインタビューの予定を確認してと別れ、ジョンは、疫病管理予防センターのウィリアムズ博士に明日の面会のコンファーメーションのために電話をし、相手が出るまでの間に水を飲もうとします。

備え付けのペットボトルが12ドルもすることに驚いたジョンは、水道の水を飲みます。そして、予約の確認が取れると、シャワーを浴びる準備をします。そして、浴びようとしたところで急にふらつき、同時にテレビの音声が流れました。水道に致死性のバクテリアが入ったことが確認され、水道の水を飲んだり、入浴したりしてはいけないという…。ジョンはなんとかベッドまで戻ると座り込みましたが、そのまま倒れてしまうのでした。



Confirmation (2018)

8分の短編映画で、あらすじの通りの単純なストーリー、仕掛けもオチもありませんでした。素直なストーリーで、映像は美しく撮られています。一つのシチュエーションを捉えており、ホラー映画のワンシーンのような部分とも言えます。水回りはことさら強調され、何のしかけもありませんが、蛇口やコップなどがローズアップされました。

一つの映像としては完結してはいますが、ちょっとアートに撮影したワンシーンを見たというだけの印象です。家族と電話をして、そのまま死んでしまうという可哀そうな一コマですが、8分のお話にしても、ストーリーをなぞるだけでなく、もう少し仕掛けて語って欲しいと思いました。

Data
監督:Derick Halliman
脚本:Anita Williams and others (7 credits)
製作国:アメリカ
公開年:2018
時間:8 minute
スペック:カラー
Imdbリンク:Confirmation

2020.6.15 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

<短編> '8' (2019)

Amazonに出ていた短編映画を見てみました。ジャケットから、なにかビリヤード場での勝負の雰囲気がありますが、どうでしょうか。映像はしっかりしたもののような期待ができそうです。

あらすじ
砂漠の中のビリヤード場で皆の注目を浴びるジャック(Esteban de la Isla)は、トリックショットも自慢しながら、店の中で小さな名声を得ていました。ある日、店に一人の女性が現れます。店主によると、ビリヤードの腕はなかなかのものという事。ジャックはその女性が気になり始め、手持ちの金をすべてかけて、エイトボール3ゲームを挑みました。その女性の名前は、ジェシー(Jordan Knapp)。すぐに、ジャックのトリックショットを見破り、トリックショットを使うようではうまくならないとつぶやきました。結果は、一方的にジェシーの勝ちで、静かに立ち去って行きました。

財産を失い、店主からも見限られたジャックは、店主に頼み込み、店のキッチンで働かせてもらう代わりに、日夜ビリヤードの練習に励み、彼女が再び現れるのを待ちます。そして、ある日彼女が現れると、自分の車のキーと、彼女と旅に出ることを賭け、エイトボール3ゲームを挑みました。その日は、ジャックの腕はさえわたり、ゲーム中ジャックの見つめる目に、ジェシーの顔も徐々に軟化してきました。彼女を見つめながら、ジェシーと車で旅に出るところを創造しつつ、ジャックは黙々とプレーを続けるのでした。



8 (2019)

18分の短編映画で、2回のビリヤードの勝負。いかさまを使うジャックが、ジェシーに完封され、彼女が気になって仕方がないジャックが背水の陣を敷き、彼女をものにしていくというお話。短い話なので単純ですが、遊び人でいかさま師のジャックが、一目ぼれした彼女の為に、真剣に研鑽して勝負に挑み、彼女の心を勝ち取っていくという物語でした。ビリヤード場の風情も面白く、また美しく描かれています。結果、その仲を取り持ったのが店主のイヴァン(Don Baldaramos)という構図です。

何人かの、ビリヤード場にたむろする人物も映されますが、ほとんどはジャックとジェシーの2人の演技。セリフも少なく、演技で感情を表現していっています。決して美男美女という雰囲気ではないのですが、この映像の中では、なかなかいい雰囲気を出していると思いました。ゲームの内容や推移が説明されるわけでもなく、球を打つ姿と、球の動きで表現されるだけ。それでも、緑の台を転がる球が、美しい映像と雰囲気になっていると思いました。

この作品はヴェネツィア国際映画祭でも上映されたとのことです。その他いくつかの受賞歴があります。監督は、ミラノ生まれで、アメリカで映画を学び、ショートフィルムを中心に撮り続けている、若手のようです。ストーリーは華々しくはないものの、映像や展開のセンスはなかなかいいと思いました。これから先も期待します。

Data
監督:Gabriele Fabbro
脚本:Gabriele Fabbro
製作国:アメリカ
公開年:2019
時間:18 minute
スペック:カラー
Imdbリンク:8

2020.5.1 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

<短編> 'Cells' (2017)

12分ほどの短編映画。ジャケットには、20以上の映画祭出品マークがにぎやかに並んでいるのが気になります。これでもかと言わんばかり…。
Amazon 邦題:縛られた

あらすじ
夜の寝静まった豪邸。ロナルド博士(マーク・アシュワース)は水を飲みにキッチンに降りてきたところを、覆面の男(ベン・オーウェン)に拘束されてしまいます。異変に気付いた妻も拘束され、リビングに連れてこられました。博士は暗闇のリビングのソファに、銃を突きつけられて座らされ、覆面の男に質問に一つ一つ答えるように要求されました、

質問は簡単なものから始まりましたが、やがて男は、博士の組織は年間3500万の寄付を受け取っているが、一向に難病の治療法の研究が進展しないのは何故だと問われます。男は、この様な豪邸の購入資金に金が回っているのではないかと尋ねます。妻が断固否定しますが、黙らされ、博士は、管理費や交際費に一定の金額がとられ、現場は限られた一部の予算しか回ってこない。しかし、膨大な研究と実験が必要で、進展に限度があると答えました。自分ではどうしようもできないと。

男は、小さい時に難病で父を失った話をし、今でも治療法の発見に進展が見られないのは、重役や官僚が、慈善の寄付金で至福を肥やしているからだと断言。博士も、もどかしいが、自分だけでは何もできないと答えると、男はその場で5000万を渡し、博士が人を助けたいなら、直接これを与える。正しい事をして欲しい。もししなかったら、次回はこうはいかない。と言って立ち去りました。博士と妻は茫然と座り込んでいました。



Cells (2017)

沢山の映画祭マークに半信半疑で見始めたのですが、強行犯のわりに質問が少々緩く、脅かしはしますが、最後はなんとなくお互い共感が出来上がっていく雰囲気に、何が起こるのだろうと思っていると、そう来ましたか…。ちょっと意外でした。これ、絶対貰った方も茫然としますよね。この邦題の「縛られた」の意味が解りました、そもそも、ここに縛られたという邦題をつけること自体が凄いギャグではないでしょうか(笑)。

この映画は、終始画面に灯りが殆どなくて、真っ暗なので少々疲れます。逆に字幕は良く見えます。そして、最後に慈善団体への寄付に関しては、CharityWatch(NPO)の情報を参照するようテロップが流れました。ということで、いろんなところで上映したのは、そういった啓蒙的なところもあったのかな?と思い、この映画の予算を見たら、$2000だそうです。予算ですが、安いですね。

顔をはっきり見ることのできる俳優は、マーク・アシュワースなんですが、バイプレイヤーで結構ご活躍中の方のようでした。役名を見ても、固有名詞のない役でいろいろと出演しているのが目立ちます。ブラックパンサーでは、守衛であったりとか…。そんな彼の主役の12分でした。と言っても、だからどうしたという感じですが。でも、ラストは意外だったので、面白かったです。

Data
監督:Raymond Wood
脚本:Raymond Wood
製作国:アメリカ
公開年:2017
時間:12 minute
スペック:カラー 2.4:1
Imdbリンク:Cells (2017)

2020.4.26 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

<短編> 'The Last Ten Seconds' (2018)

15分ほどの短編映画です。10代の少女が交通事故で亡くなる瞬間と、家族の過去の思い出をつづる映画でした。編集が大変凝っています。
Amazon 邦題:最後の10秒

あらすじ
グラスが床に落ちて砕け散り、それが逆回しで映されます。父(Mike Shaffrey)と、母(Nadja Hoyer-Booth)が語る、事故の事や娘の事。娘の過去と、事故当日の様子と、いろいろな映像が組み合わさって映画は進んで行きます。よみがえる娘の記憶は、母にとっては、娘が乾燥機の中に隠れていたこと。父にとっては、小さなプレゼントを渡す時、いつもドアノブの内側にプレゼントをかけてノックした事。

娘のメアリーの小さい頃の情景、8歳(Brittany Fisheli)の誕生会。そして、18歳(Taylor Keene)の誕生会。兄弟との団欒の日々。その日メアリーは、ちょうど家に電話をかけようとした時にクラッシュしてしまいました。家の電話の留守電には、そのクラッシュの音が記録されています。誰もいない乾燥機の前で泣き崩れる母。そしてプレゼントを渡す時のようにそっと娘の部屋のドアを開ける父。しかし、そこはもう、真っ暗な誰もいない部屋なのでした。



The Last Ten Seconds (2018)

いや、これはリアルですね。といっても、事故が生々しいとかそういったことでは無く、ドキュメンタリー的な語りがあり、小さな時から今までの、成長の記録のようでもあり、それがまた、家族のそれぞれの思い出のように映像で映されます。そして、事故当日の様子や、その後の父母の悲しみの様子。なんだか、本当に身近な人のお別れ会に行ったような気分になりました。彼女の生きたすべてがそこにあるような…。

編集が大変凝っていて素晴らしいです。短いシーンをうまく繋げて繋げて…という感じです。乾燥機のドラムから、揺れ動くタイヤのホイールへ、呼び鈴のボタンから、電話機の再生ボタンへ、それらのものがすべて意味を持って話が展開していきます。そして、乾燥機や娘の部屋の現在と過去の対比。ローソクの数字の変化など。編集して作り上げることのお手本のような映画でした。

もう一つは映像がとてもしっかりして、美しいこと。娘の好きな紫色を基調にした部屋もアートです。映像の撮り方もちょっと凝っています。15分の映画を見て、個人の総てが判るような編集。まさに、見終わるとお別れ会から帰ったような気分になる映像なのでした。良かったという感想よりも、ちょっとため息が出る映画でした。

Data
監督:Michael Mike Canon
脚本:Michael Mike Canon
製作国:アメリカ
公開年:2018
時間:15 minute
スペック:カラー 16:9
Imdbリンク:The Last Ten Seconds (2018)

2020.4.27 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

<短編> 'The Chimerical Museum of Shifting Shapes' (2017)

これは、普通の映画という概念ではなく、アートです。例えば、東京都現代美術館を訪れると、時折前衛的な動画を展示していることがありますが、そういったタイプの作品と思います。白黒アニメーションの映像です。

あらすじ
男が、美術館に入り、一つの展示室を訪れます。壁中に展示があり、男は順番に見始めますが、どうやらそれぞれの絵が関連性があるように見えてきます。そして、額縁の中は、まるでモニターのようで、それぞれの枠を自由に超え、変化させながら、連続的なアニメ動画となって、部屋全体に映像が躍動していきます。



The Chimerical Museum of Shifting Shapes

白黒のアニメーション。墨で描いたような、デッサン調の映像が、アニメーションとなって展開していく映像です。重厚な雰囲気の美術館で、展示室には額縁がずらりと並び、絵が躍動を始めるというもの。一つの額には入りきれないというスタイルで、連続した絵になり、絵自体が動画になって展開し、という映像でした。何か、一つの枠にとらわれないような不思議な世界です。

アートフィルムという事でしょうか。映画館でドラマを見るのとはまた違います。作者のDamian Alquichireは、絵画・彫刻・映画といろいろな分野で作品を製作するアーティストです。彼のサイトで、他の映像やアートの作品も見ることができます。どれも骨太の白黒タッチのスタイルで、力強い抽象映像が楽しめます。

サイトによると、この映画は5つの映画祭に出品されており、その中の一つのコソボでの映画祭で、Best International Short Film Awardを受賞しています。そして、一つの大きな特徴として、付けられている音楽が素晴らしい。現代的な音楽で、コロンビアにてBlas Emilio Atehortúaにより作曲された、オリジナル音楽とのことです。この映像と同様に、大変雄弁な音楽です。

Data
監督:Damian Alquichire
脚本:Damian Alquichire
製作国:コロンビア
公開年:2017
時間:4 minute
スペック:白黒
Imdbリンク:The Chimerical Museum of Shifting Shapes (2017)
作者リンク:DAMIAN ALQUICHIRE

2020.4.26 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

<短編> 'One-Minute Time Machine' (2014)

上映時間は6分のオチのあるショートショートです。Practice Makes Perfectを撮影したDevon Avery監督の作品で、雰囲気など期待がもてます。タイムマシンをうまく使ったコメディでした。
Amazon 邦題:一分間タイムマシン

あらすじ
公園のベンチに座っているレジーナ(エリン・ヘイズ)のところに、一分間ライムマシンを持ったジェームズ(ブライアン・ディーツェン)がナンパにやってきます。誘い文句に失敗すると、何度も過去に戻ってやり直すジェームズは、ついにナンパに成功し、家まで行くことが決まった彼女が立ち上がったところ、彼女は持っていたタイムマシンの本を落としてしまいました。

専門家である彼女は、時間旅行は実際には行われておらず、パラレルワールドを生成し移り変わるだけであり、元の世界のジェームズはその瞬間に死んでいると教えます。ジェームズは何度も自殺したことにすっかり萎えてしまい、レジーナはジェームズを再びその気にさせようと説得するために、何度もタイムマシンのボタンを押すのでした。



One-Minute Time Machine (2014)

ほどよいSF小噺で、うまくオチていると思いました。タイムパラドックスをパラレルワールドへの移動ということで解決する仕掛けになっています。短い時間の中で上手くまとめられていると思います。本人だけは生き続けているが、それぞれの世界では死んでしまっているという設定が秀逸です。SFのショートショートといえば、フレデリック・ブラウンを思い出すのですが、そんな味わいがありました。

レジーナの演技がなかなか面白かったです。特に、何度もパラレルワールドでジェームズが死ぬシーンが再現されるところは、いろんなスタイルの慌てぶりを連発し、ついには絶叫まで。この人絶叫女優だったのですかね?そして、最後はすっかり積極的になってしまいます。逆に落とした獲物は逃がさないぞと…。

そのレジーナを演じるのはエリン・ヘイズ。映画出演もありますが、むしろテレビシリーズの出演で知られているのではないでしょうか。最近は固定メンバーとしての出演もあるようです。ジェームズ役のブライアン・ディーツェンもテレビシリーズが活躍の場のようです。そして、この映画、日本ではDevon Avery監督のトーク&上映会という形で、2017年ひめじ国際短編映画祭で上映されました。

Data
監督:Devon Avery
脚本:Sean Crouch
製作国:アメリカ
公開年:2014
時間:6 minute
スペック:カラー、16:9
Imdbリンク:One-Minute Time Machine (2014)
2017年ひめじ国際短編映画祭で上映されました。

2020.4.26 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

<短編> 'Negotiation' (2020) 一発芸のショートショート

3分ほどのショートショート。さて、これも短編映画か?という疑義はごさいますが、せっかくなのでメモしておきます。しかし、テレビプレミアで3分の長さといえば、ほとんど、コント番組に挿入される寸劇のノリではと思います。

あらすじ
4人の老境に差し掛かった男の顔の大写しが次々と現れます。さぁ、始めようの声がかかり、順番に4人が一言ずつ話します。それは、題名のネゴシエーションにあるように、金やホテルそして刑務所の事。4人は微妙に激高しているようですが、会話の内容はうまくつながっていないようです。そして、一人が「やめた!」と宣言。ああ、君たちとはやってられないと…。会場の全体が映り、彼らがやっていたのは…??



Negotiation (2020)

一見、ホラーのような、4人のいかつい顔の紳士の会話が、顔の大写しで続くという展開です。それも、言っている内容は、なかなか理解しがたいもの。どう考えても、何のネゴシエーションだか、皆目見当がつきません。ホテルとか刑務所とか言っています。必死で字幕を追う羽目になりますが…。で、一人が席を立ち、たわいのない一発芸でしたというオチです。初見でみると、ああ、なるほどね…。というコントでした。まさに、ショートショートですね。

監督は、シーン・ディリンガムという人で、本来役者さんの様です。映画、テレビ、コマーシャルと幅広く活躍されている方のようで、ショーとかも含めてマルチタレント的に活動されているのかもしれません。しかし、3分かつテレビプレミアと言われると、ちょっと映画と言うイメージから離れるような感じですが、一応Short Filmに分類されているようです。

Data
監督:Sean Dillingham
脚本:Sean Dillingham
製作国:アメリカ
公開年:2020
時間:3 minute
スペック:カラー
Imdbリンク:Negotiation (2020)

2020.4.25 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

<短編> 'Practice Makes Perfect' (2012)

上映時間は3分。その3分の鑑賞で、あたたかな気分になることができます。セリフもありません。
Amazon 邦題:とっくんでカンペキ

あらすじ
男の子クリント(Kody Fields)は、キスの練習をずっとしてきました。鏡を使ったり、風船を使ったり、ハロウィンのカボチャをつかったり。それも、普通のキスから濃厚なものまで…。そして待ちに待ったサリー(Alexis G. Zall)とのデート。映画館で待ち合わせ、映画が始まりますが、クリントはそわそわして、頭をよぎるのはキスの事。

映画が終わり、二人はバス停に向かって歩き始めます。二人はおずおずと手を伸ばし、手をつないで歩き始めました。バス停について、二人は並んでベンチに座りますが、クリントの頭の中はキスのことばかり。そして、彼女のバスが先にやってきました。彼女はお別れをして、バスに乗り込もうとした時…。



Practice Makes Perfect (2012)

3分間の短いストーリーは、ただただ微笑ましい!という他ないでしょう。クリントは、いろんなキスを練習しました。濃厚なフレンチ・キスまで。そしてそれがいつも頭をよぎります。一方、サリーはただただ可愛い感じです。映画館で、なんとなく落ち着かないクリントを横目でチラ見したり。黄色いワンピースが良かったです。短い時間で、いい気分になることができました。

細かいところなんですが、男の子も、女の子もチケットを2枚買ってきたみたいですね。一瞬の場面なので、一度目は見逃していました。あと、アメリカ映画ですので、小さなハリウッド映画みたいな雰囲気があると思いました。特に、バス停の場面とか。どうも黄色いワンピースが効いているのかもしれません。ラ・ラ・ランドが黄色ですので…。

その可愛らしい少女を演じるのは、Alexis G. Zallで、当時14歳。その後もキャリアを伸ばしているようです。主演のKody Fieldsは、その後、俳優、作家、製作として、少しづつキャリアを重ねているというところでしょうか。ちょっと見て、楽しかったというショートショートです。いいですね。

Data
監督:Devon Avery
脚本:Mark Palis
製作国:アメリカ
公開年:2012
時間:3 minute
スペック:カラー
Imdbリンク:Practice Makes Perfect (2012)
2014年ひめじ国際短編映画祭で上映されました。

2020.4.25 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

<短編> 'Gerry'(2018)ジョーン・コリンズによる老境の春

短編映画(short Film, Featurette)は、映画の中でも大きなウェイトを占めるジャンルですが、長編ほど話題性がなく、あまり見る機会に恵まれていないようです。実際、素晴らしい短編映画は、素晴らしい短編小説と同じように、凝縮された時間の中で、人生のドラマの一瞬が切り取られ、深い感動を残したり、あるいはワンシチュエーションの中での印象深いサスペンスであったりと、短い時間ながら、感動の質も高いものが多くあります。このブログの中でも、ごくたまに登場していましたが、今回一つのジャンルとしてピックアップしていこうと思いました。あまり見る機会が多くないので、不定期ではありますが…。

あらすじ
9日前に、夫を亡くした老婦人のヒルダ(ジョーン・コリンズ)は、夫の遺品の中に、ポルノ雑誌を見つけ、知らなかった夫の一面を垣間見ます。そして、すり切れた手帳の一面に、ジェリーという名前と電話番号が書かれてあるのを見つけました。ラジオでは「女性は何でも知りたがる、といった論評が流れています」ヒルダは一人の生活の寂しさから、70代の男性の友達募集の新聞広告を見て、2人の男性とレストランで会いますが、どうもしっくりきませんでした。

ジェリーのことが気になるヒルダは、逡巡したあげくメモに書かれていた電話番号をダイアルしますが、相手が出るとすぐに切ってしまいます。三度目の正直と思いレストランで相手を待ちますが現れず、寂しくレストランを後にしたヒルダ。ある時、ヒルダの電話がなります。そして、再びレストランで相手を待つヒルダ。現れたのは、ヒルダと同じ年恰好の老婦人のジェリー(Lynne Verrall)でした。ジェリーはヒルダの名を呼ぶと手を取り、二人は懐かしむように、微笑み合うのでした。



Gerry (2018)

長く連れ添った夫を亡くしたばかりのヒルダが、夫の隠していたポルノ雑誌や恋人の電話番号を見つけ、それに触発されてか、自分も恋人探しをするも満たされず、ついに気になっていた夫の恋人に連絡を取ろうとします。夫の恋人のジェリーも同じような気持ちがあったと思われ、ほぼ年恰好が同じ二人が再会し、長年の友のように穏やかに再会する瞬間で物語は終わります。

ヒルダの中から見て取れるものはいろいろあると思います。いつまでも変わらない女ごころと性。亡き夫への深い愛情と惜別。夫の愛人と連絡を取ることの不安。夫を共有したジェリーの表情の中に見る夫。やはり、永遠の青春のような雰囲気が漂うのは、エンドロールの表情と歌詞によるところも大きいと思います。感情の豊かな映画でした。

そのヒルダのいろいろな心の動きを演じるのが、ジョーン・コリンズで、1951年映画デビューの名優です。 テレビでも、ナポレオンソロ、スタートレック、スパイ大作戦など、往年の名作にいろいろと出演がありました。そのような、ジョーン・コリンズは、この当時85歳。ほぼ一人舞台で、一挙手一投足を楽しむことができ、最大の見どころと思います。

Data
監督:Paul Agar, Victoria Hollup
脚本:Paul Agar, Victoria Hollup
製作国:イギリス
公開年:2018
時間:17 minute
スペック:白黒(カラー撮影)、シネスコ
Imdbリンク:Gerry (2018)

2020.4.25 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR