FC2ブログ

「みかんの丘」戦場となったみかん農家を通り過ぎる兵士たち

ジョージア・アブハジア紛争を舞台とした、2013年の映画で、エストニア・ロシア・ジョージア合作作品です。監督は、ジョージアのザザ・ウルシャゼ。ワールドプレミアのワルシャワ国際映画祭では、ノミネート作品で観客賞と監督賞を受賞。その後多くの映画祭に出品されました。ジョージア関連の映画はずいぶん久しぶりに見ます。「独裁者と小さな孫」以来かな…。

あらすじ
エストニア人はコーカサスに100年前に移住しましたが、1992年のジョージアとアブハジアの紛争勃発により、そのほとんどが帰国。今、このアブハジアの小さな村に残っているのは、みかん農家のマルゴス(エルモ・ニュガネン)と、木箱をつくるイヴォ(レムビット・ウルフサク)のみとなりました。マルゴスはみかん畑を見捨てられず、イヴォは理由を語りませんでした。

イヴォの作業中に、二人のチェチェン人傭兵が訪れ、イヴォは彼らの要求に応え、食料を渡します。兵士から前線が近寄っていると聞いたイヴォは、マルゴスとみかんの収穫を早く終えなければと語り合いますが、銃声と爆音が響き、駆け付けるとイヴォが食料を渡したアハメド(ギオルギ・ナカシゼ)が怪我を負って倒れ、もう一人のチェチェン人とジョージア兵たちが死んでいました。イヴォは、アハメドを連れ帰って手当し、他の兵士の遺体を埋葬しようとしましたが、一人のジョージア兵のニカ(ミヘイル・メスヒ)が、まだ生きていることに気付き、二人は彼をもイヴォの家へ運び、アハメドとは別の部屋で治療することにしました。

イヴォが仕事場から戻ってみると、友人を殺されたアハメドが仇を討とうと、ニカの部屋の前で刃物を構えて座り込んでいました。イヴォはこの家の中では殺しは絶対許さないと命じ、アハメドは従うことを誓います。やがて、ニカも意識を取り戻し、リビングで同居するようになると、激しい諍いが絶えなくなりますが、最終的にイヴォが暴力を止めていました。ある日、知人のアブハジア人兵士たちがイヴォの家を訪れたので、ニカをなだめたあと、アハメドも気を利かせてニカを紹介し、一致団結してその場を切り抜けます。その夜、4人はBBQを囲み、再びいがみ合うアハメドとニカをイヴォはなだめ、皆でみかんの収穫を手伝うと話がまとまった時、大きな爆発音が響き、先ほどのアブハジア人たちが全滅し、マルゴスの家も焼け落ちてしまいました。

翌日、イヴォはニカが俳優だと知り、戦争が終わったら皆でトビリシに見に行こうと談笑します。その時、アブハジア側の兵士たちが通りかかり、外で薪割りをしていたアハメドは問い詰められ、彼らに歯向かうと、ジョージア人だと決めつけられ、兵士から狙撃されそうになります。その時、家の中に隠れていたニカが銃で応戦し、ニカから銃を渡されたアハメドも加わって兵士を撃ちました。しかし銃撃戦に巻き込まれたマルゴスが命を落とし、倒れた兵士たちに近寄ったニカも、まだ生きていた兵士に撃たれ息絶えました。イヴォは二人の棺を作り、マルゴスを彼のみかん畑に、ニカは亡くなったイヴォの息子の傍に埋葬します。そして、アハメドはイヴォに心からの礼を言うと、ニカが大事に持っていたカセットテープをカーステレオで流しながら、家路へと車を走らせるのでした。



みかんの丘

戦場となったみかん農家での、ワンシチュエーションのアクションドラマ。映像のほとんどは、イヴォの家と、マルゴスの農園及びその周辺の道で完結しています。そこを通過する3組の登場人物。いずれも兵士で、イヴォとマルゴスの運命を大きく左右します。メインは、チェチェン人の傭兵アハメドと、敵対するジョージアの兵士ニカの邂逅と確執、和解、離別のストーリーでした。敵兵同士なので、強烈ないがみ合いが発生し、その間に立つのは中立で年長者のイヴォという形でした。イヴォの達観した物腰は、これまでの長い人生の出来事から出来上がったものと理解できますが、その内容は明かされることはありませんでした。

ニカが俳優と知り、イヴォとニカが、戦争が終わったらアハメドを連れてニカの演技を見に行こうと談笑し合う場面。ここでフラグがたちました。この後悲劇が訪れるな…と。どういう形で起こるかはわかりませんが、意味もなくこんな明るい話題を挿入する訳はないと思いました。そして、その直後…という展開です。残された二人。ニカの遺体を息子の墓のそばに埋めたあとのアハメドとイヴォの会話は秀逸です。機知に富み、寓意をも表し、いい場面だと思います。ラストもニカのテープをかけてチェチェンに向かう。いいエンディングです。

女性が出てこない映画なので、全体が殺風景に感じますが、さすがに仕方がないですね。そして、ストーリーはとても面白いのですが、なんとなく雑な感じがして、もう少し締まらないかなぁとも思うのですが、ずっと同じ場面で、同じ面々が演じているので、そう思ってしまうのでしょうか。ちょっと望みが贅沢なのかもしれません。この映画は数多くの映画祭で賞を獲得した映画です。そして、オスカーとゴールデン・グローブの両方て、外国語映画賞のノミネートとなりました。エストニアの俳優、レムビット・ウルフサクの滋味あふれる素晴らしい演技が楽しめる映画です。

2020.3.25 HCMC自宅にてAmazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR