FC2ブログ

「第三夫人と髪飾り」 ベトナムの桃源郷における美しい女性たちの物語

ベトナムに住んでいて、ベトナム映画を一度も見ていないというのも、どうかというところですが、どうもベトナム語と英語字幕というのが敷居が高くて、いままで敬遠していました。ベトナムの映画事情もよく解らないし…。そんな折に最近公開された「The Third Wife」は、各地の映画祭に出品され、7winとなかなかの収穫をあげています。日本には来ていないのですが。ということで、ついに意を決して見に行った次第。2018年の製作で、監督のAsh Mayfairさんいとっての長編第1作のあたるようです。
原題:Vo Ba (The Third Wife)

あらすじ
19世紀のベトナムの山村。14歳のマイは裕福な地主の第3夫人として嫁いできた。男の子が欲しい家族の中にあって先輩夫人たちの手ほどきを受け、やがて妊娠。そして、出産・育児と過ごす彼女の周りで起こる出来事を描く…。



断っておきます。あらすじにはちょっと自信がありません…(笑)。

14歳のマイ(Nguyen Phuong Tra My)は第3夫人として、一艘の船に乗って裕福な地主(Le Vu Long)の家にやってきました。子供から大人になったばかりで、何も知らないマイは、そのまま初夜の儀式を迎え、処女であることの証に翌日血の付いた布が飾られます。マイは第1夫人のハ(Tran Nu Yen Khe)、第2夫人のスーン(Mai Thu Huong Maya)から地主の家でのしきたりや仕事、夜の指導まで受けて打ち解けていきますが、やはり男の子の誕生が最も期待されており、男の子の母親となれば地位も向上するようです。そして、毎晩夜の営みが続き、妊娠。妊婦となったマイに地主の家での生活が続きます。

ある日、山の中で隠れて愛し合う男女を見たマイは、後日その男が鞭うたれ、女は剃髪されて寺に連れていかれる姿を見ます。そして、マイの妊娠中にはハと愛し合う主人。やがてハも懐妊しましたが、マイは家族で寺にお参りに行った日に、男の子が授かりますように、そしてそれがこの家の最後の男の子でありますようにと祈ってしまいました。その後ハが流産し、罪悪感にかられたマイはスーンに私が悪かったと打ち明けますが、マイの責任ではないとなだめるスーン。また、この家の長男で唯一の男性であるソンに結婚式の日が近づいていました。結婚は親が決めるもの。しかし、ソンはスーンが好きだったので、結婚を拒絶していました。当然スーンからたしなめられ結婚式を迎えましたが、一人酔いつぶれてしまうソンでした。

ソンの結婚初夜、初めて会う少女が初夜のしきたりの道具を差し出しますが、指一本彼女に触れず無視するソン。そういう状況でこの家の主人は、娘の親に、全く手を触れていないから無かったことにしてくれと頼みますが、娘の親は聞き入れず、その娘に家の義務を果たしていないと叱って帰っていきます。両家から拒絶された娘は首を吊って自殺した姿で見つかり、またその時マイは女の子を出産したのでした。子供を抱いてあやしながら葬儀に参列するマイ。そして、棺が船に乗せられ付き添いの男たちと川を行く姿を、子供を抱いたマイが見つめ、今までの光景を思い描くのでした。

The Third Wife

女性の手による、家父長制が当たり前の時代の、儚くも美しい女性たちを描いた、限りなく美しい映画でした。すべてがマイの眼から、マイを中心に語られます。第1夫人の流産の悲哀。第2夫人の優しさは、男だけでなく妊娠中のマイも彼女を愛してしまったようです。そしてソンの嫁になった娘。見ず知らずの家に嫁がされ、初夜の準備をして服を脱ごうとして拒まれ、帰るところも無く首を吊ってしまう姿は、言葉で表す以上に美しい映像がその哀れを語ります。第2夫人の娘の女の子たちは、どんな家に嫁に行くの?とか、大きくなったら男になって奥さんをいっぱい貰いたいとか、お嫁さんに行くなら1番目の奥さんがいいとか、どこまでも健気です。そして、初潮を迎え、その子がラストで長い髪を自分ではさみで切って川に流す姿が、大人と結婚への第1歩を語ります。

そういった物語が、桃源郷のような山村で美しく繰り広げられる映画は、古い因襲を真っ向から否定するのでもなく、その中で生きる女性を神々しく描きながら、事実を赤裸々に綴っていく、女性の幸福と自由について問いかけていく物語だったと思います。自由に行動することはいろいろな弊害を招き、しかし地位に安住していくのもいろいろな苦労が付きまとうという世界。それを、沢山の美しい女性たちが演じている映画でした。舞台は19世紀。フランスの侵攻から長い戦乱となる前のベトナムの姿が丁寧に描かれていて、見る者を西欧文化の流入により失われた伝統美の世界へと誘っていきます。

さて、この映画はIMDBを見るだけでも、世界で25以上の映画祭で上映されています。アジア地区は釜山だけなのが寂しいのですが、欧米では東欧・ロシアまで含めてこまめに回っています。ベトナムの美しさを広めるにも一役買ったのかもしれません。受賞は最高賞は見当たらないのですが、カイロ・シカゴ・フライブルグ・ミンスク・サンセバスチャン・サラソータ・トロントの7つの映画祭で獲得。トロントはNETPAC(アジア映画賞)です。Ash Mayfairさんも多才な方の様で、これからの活躍に期待です。ベトナム映画も見逃せないなと思いました。

2019.5.20 CGV Cinema Vincom Dong Khoi (HCMC)にて

追記
この映画ですが、私の見た翌日からベトナムでは上映中止となってしまいました…。
ニュースによると、マイの2つのラブシーン(夫と、スーン)に関し、当時13歳であった彼女が演じていることに対する世論の圧力により、当局に上映中止を申し出たとあります。それは、5月20日18時に中止というものでしたが、私の見始めたのは18時45分。情報伝達のロスタイム中でした。

2019/10/11より日本公開となりました。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR