FC2ブログ

「ヴァーサス・ゾンビ 時空を越えた生ける屍」 カニがそうカニ..と言った。ガハハハハ…というノリです

ゾンビ映画鑑賞でした。ギリシャのゾンビ映画で、邦題が「ギリシャ・ゾンビ」という、そのものずばりの映画がありましたが、これは同じ監督が製作したその続編にあたります。支持不支持の別れる映画のようですが、怖いもの見たさで見てしまいました。2009年のヨルゴス・ノウシアス監督による作品です。

あらすじ
古代ギリシャで、焚火を囲む人々のうち一人がゾンビ化して暴れだします。そして、現在。運転手のアルギリス(アルギリス・タナソウラス)がパイプに突き刺さり、一緒にいた4人は襲ってきたゾンビを倒しながら車で逃げ出しますが、ビルの屋上から狙うマンハント集団の銃撃に襲われました。そこにいた兵士のヴァルキルジス(アンドレアス・コントプーロス)がライフルで応戦し、なんとかみんなで自分たちのアジトに逃げ帰ります。そして、その頃から数千年前の黒装束の男(ビリー・ゼイン)が現れるようになります。

ネットニュースでゾンビ撲滅のためにアテネに化学兵器を投下するというニュースが流れ、生き残った人間も巻き添えになる為脱出しなければならなくなります。そこに死んだはずのアルギリスが生きて帰ってきます。黒装束の男が現れ、アルギリスに「選ばれし勇者」だといい、2500年前にも同じことが起こったが、勇者が現れて退治したと告げます。アルギリスは自覚すると自らリーダーとなり、外に出て光の噴出している地点に向かいます。ゾンビたちに囲まれますが、アルギリスの力で襲ってこず、光の噴出する地点でアルギリスが念じると光は収束しゾンビたちは人間に戻りました。そして、歓喜に沸く人々の頭上で化学兵器の弾頭が投下されていくのでした。



ヴァーサス・ゾンビ 時空を越えた生ける屍

ギリシャのゾンビ映画で、日本でDVD発売された、「ギリシャ・ゾンビ」の続編らしいですが、前作は見ていないので、関連性はよく解りません。古代のゾンビ出現のシーンから始まり、ゾンビに対峙する勇者が時空を超えて甦るという構造のようです。ただし、そのあたりのストーリーはちょっとわかりにくい感じです。ていうか、そもそもストーリーなど、ど~でもよくて、とりあえず見て楽しみましょう!という感じでは無いかと思いました。

個別のシーンとして、いろいろと名作のパロディ的なギャグが埋め込まれています。弾丸より速く走ったり、目玉焼きを見事に受けたりなど、小ネタは満載。ゾンビ退治は爽快にどんどん首チョンパしていき、でも調子に乗っているとすぐ噛みつかれてゲームオーバーになってしまうという感じでした。これに、残った人間狩りを楽しむマンハント集団が加わって、そちらさんとの対決アクションも発生するという賑やかさでした。

登場人物もそれぞれ癖があって面白いの出すが、まぁそればかりですと、だんだん退屈にもなって来るというもの。そしてラストは、よく解らないような、すっきりしない、ありがちなものでした。という訳で、やりたい放題といった感じではありましたが、こういうのは、嫌いではありませんです。「ギリシャ・ゾンビ」の方も、一度見てみたくなりましたよ…(笑)。

2019.10.1 HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「ウラニャ」 ギリシャ軍政下の山村の少年たちの物語

Amazon Prime でお勧めに何度も出てくる作品を見てみました。どういう基準で出てくるかは、今一つよく解らないのですが、全く知らない映画の鑑賞です。DVDはたぶん未発売ではないかと思いますので、ネット配信のみでしょうか。2006年のギリシャ制作の映画です。

あらすじ
軍事政権下のギリシャの小さな村。5人の少年は、海辺の小屋の娼婦ウラニャのもとで童貞を捨てようと、共同でお金をため、オナニーで淋しさを紛らわせていた、鍛冶屋の息子アキレスは近々アポロ11号の月面着陸の模様がテレビで放映されることを知り、貯金の目的を村で初めてのテレビ購入に変更。村の母たちの支援も得て活動を始めるが…。



ギリシャの海に近い小さな村に住む5人の男の子は、いつも村の外れにある戦闘機の残骸をアジトにして集まっています。鍛冶屋の息子のアキレス(Aris Tsapis)は空を飛ぶのが夢。一方で、ニキビの気になるフォティス(Michalis Tsirakis)は海辺の小屋の娼婦ウラニャ(マリア・グラッツィア・クチノッタ)とのセックスで童貞を捨てたくてたまらない様子です。その為に、5人分の料金を貯め5人でウラニャの小屋に行くことをお互いに誓約していました。ある日、村に映画館が開店すると、そこで上映される成人映画を見たくてたまらない5人は映画館に隣の壁から侵入しますが落下してしまい、アキレスは骨折。治療した病院で医師からアポロの月面着陸がテレビ中継されることを聞いて、パイロット志望の彼は見たくてたまらなくなり、貯金の目的を村にないテレビ購入に変更しようと提案します。

そうと決まれば、アポロの中継の日までに金を貯めねばならず、村の中でお金が貰えそうなことを何でもかって出て、それに賛同した村の母親たちも5人を支援しました。当時ギリシャは内戦後の軍事政権の支配下。内戦時代に敵の共産勢力として戦ったアキレスの父親は、公権力やアメリカに激しく反発していました。ある日、ギリシャ出身のアメリカの副大統領が村を訪問することとなり、軍事政権は警備を強化しようと、反対派の抵抗が生まれない様、アキレスの父親を見せしめに警察で一晩尋問します。訳が分からず、アキレスや家族たちは狼狽しますが、翌朝戻ってきてほっと一息。無事イベントも終了しました。

さて、アポロ中継の日、テレビを買いに行こうとフォティス以外の4人は貯金箱の缶を開けますが、お金が無くなっていました。フォティスが勝手にウラニャの元に行ったと悟った4人はウラニャの小屋に急行すると、事を終えたフォティスが出てきます。ウラニャは次は誰?と誘い、アキレス以外の3人は次々と小屋に入っていきますが、アキレスは村の娘のゾーイ(Christina Mantesi)への恋心が邪魔して中に入れず、一人で村の道を帰っていると、アテネに移り住むことになったゾーイとすれ違います。テレビもゾーイも失ったアキレスは落胆しますが、そこでテレビをロバに乗せて運んでいるのを発見。その夜、カフェにテレビが備え付けられ、村人はその周りに集まりました。勿論アキレスもその中にいました。

ウラニャ

予想以上に、いろいろと面白かったです。知らない世界の事なのでちょっと取っつきは悪かったのですが、だんだん面白くなってきました。ウラニャの悩殺シーンは一部だけで、ほぼ少年たちの夢と、当時の軍事政権下でギリシャの田舎で起こる事象を描いた映画でした。大戦、内戦そして、米国支援の軍事政権と移り変わってきて、微妙な傷跡が残る村に、映画やテレビがやって来るという物語です。そして、アキレスを巡る家族の描き方が、この時代背景の中での一家を如実に表しています。内戦で敗者側となった父と、家族を守る母の姿が一つの見どころと思いました。

冒頭の、離島に左遷される教師の言葉から、政権の弾圧と、この物語が夏休みの出来事ということが説明されます。このあたり、さらっと導入しているところは、良いと思います。全体的にも造りがしっかりしていて、大変好感が持てました。しかし、海辺の小さな小屋に、超色っぽい娼婦が一人住んでいるという状況はなかなか面白いと思いました。あり得るのかな?という感じ。このウラニャ役は、イタリアの美人女優、マリア・グラツィア・クチノッタで、イル・ポスティーノに出演しています。そもそもギリシャ映画を見るのは初めてかもしれません。テオ・アンゲロプロス監督くらいしか思い浮かばないのですが、これも未見なのでした。

さて、ギリシャの山村の情緒と、軍政下の様子など、いろいろな物を見ることができて、何となく興味本位で見始めた割には、大変勉強になりました。映画としてもかなり質の高いもので、もっと見られていい映画だと思います。確かに、有名な出演者ってマリア・グラツィア・クチノッタだけかもしれませんし、監督のコスタ・カパカスにしても、有名作品は無いのですが、意外と心に残る映画だと思いました。DVDなしでネット配信のみというパターンも今後増えてくるかもしれません。そのような作品の中にも、珠玉の作品が含まれていると思いますので、チェックしていきたいと思います。

2019.3.16 HCMC自宅にてAmazon Prime Videoよりパソコン鑑賞

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR