FC2ブログ

「涙のコメディ」 民族間のわだかまりの残るトリエステでの出来事

時折、見つけたら新たな発見を求めて鑑賞する、映画大国ではない国々の映画。久しぶりにスロベニアの映画を見つけたので鑑賞しました。Amazonの配信で、日本では劇場未公開、DVD発売もありません。題名もまぁ、あまりパッとしない邦題がついています。これは原題の直訳の様です。2016年製作のスロベニアの映画です。

あらすじ
田舎町からバスでトリエステにやってきたイダは、介護の仕事で車椅子の老人アルバートの家を訪ねる。家族と別れ独り暮らしを選んだ老人は、足も不自由で性格も偏屈。仕事をこなすイダに冷たい言葉を重ねていくが、いつも頭をよぎるのは別れた家族の姿だった…。



イダ(Marjuta Slamic)はイストリアからバスに乗ってトリエステの街にやってきました。そして車窓の風景を見ながら彼女はこの平和が永遠に続くように願っていました。トリエステで訪ねたアパートは、イダが家政婦の仕事で通っている家。車椅子で一人暮らしの老人アルバート(Ivo Barisic)が住んでいます。アルバートは交通事故で背骨を損傷し歩けなくなったため、その損害賠償でこのアパートを手に入れたようです。そして、鉄道模型で時間をつぶす傍ら、昔の写真を見つけてはその頃のことを思い浮かべていました。

イダが、食事の準備や掃除をしている間、2人はコミュニケーションをとる努力をしますが、会話は長続きせず、偏屈になったアルバートの皮肉っぽい発言で話が途絶えがちです。そして、スロベニア人の彼は他民族を忌み嫌っており、それは害虫という言葉で表現されます。彼はスロベニアの妻子と絶縁し、一人でトリエステに来て暮らしているうちに事故にあったようです。口をついて出る言葉はすべての人に対して冷笑的でした。そんな時、孫娘のソニアが農園で収穫したリンゴを持って訪ねて来ましたが、会わずに追い返してしまいます。

その日はアルバートを風呂に入れる日だったので、服を脱がして湯船に入れた時にイダの携帯がなります。それはイダの父親が倒れたという母親からの電話。その母と話す言葉を聞いていたアルバートは、イダが害虫と忌み嫌うボスニア人であることを知り、湯船の中で罵倒し、気を悪くしたイダはアルバートを湯船に残したまま出ていこうとします。アルバートは懇願し、湯船から出してもらい、イダに非礼を詫び、もう自分にはあなたしかいないと、次回の介護の日の約束をしようとしますが、イダは最後の別れの言葉を残して出ていくのでした。広い部屋には茫然としたアルバートだけが取り残されることになりました…。

涙のコメディ

これは、老人の住むアパートの一室が舞台の静かな会話だけの物語でした。時々意地悪く攻撃的な発言とともに激高するアルバート。終始冷静に対処するイダ。そして、だんだんイダは怒りがたまっていくようです。しかし、イダは激高することはありません。終始、静かに対応します。2人以外には、たまたま現れたソニア。あとは、回想や幻想の中で現れる、アルバートの家族、そしてイダの父の映像。それらは明るい光の中の、思い出の光景として描かれます。アルバートはボスニア人を忌み嫌い、それが元で家族と絶縁し、頑なに一人暮らしをしているようでした。

この地方の歴史的背景が解らないと、この映画は全く理解不能です。トリエステは、ベルリンと同じように鉄のカーテンで分断されたエリア。そして、いち早くユーゴスラビアから分離したスロベニアはEUに加盟。のちにクロアチアも加盟し、旧トリエステ地域は、イタリア、スロベニア、クロアチアに別れたまま、相互の通行は自由な状態になっています。しかし、ユーゴスラビアが分割された後の、20世紀末の民族間の抗争では、いろいろな形で民族浄化が繰り広げられ、あちこちに傷痕を残した状態となっていると思います。それが実体験としてどういうものか知る由もありませんが、この映画に横たわる平和への願いと民族差別がそれを物語っていると言えるでしょう。

アルバートが、イダがボスニア人であることを知った時の激しい拒否反応、そしてイダという話し相手が来なければ全く孤独になってしまうと思い知った時の、アルバートの打って変わった懇願。しかし、イダは、それまでとは態度を変えて、自分の名前はアイダだとはっきりと言い(ボスニア流の呼び方なのでしょうか?)はっきりと別れを宣言し、白い蝶が来ているので気を付けてと言って帰っていきます。笑顔をたたえたポーカーフェイスでした。静かな中でも激しい表現になっていると思いました。残されたアルバートは全くなすすべもありません。ただずしりと重い孤独が残るのみです。静かな映画の中に、排他的な思想への厳しい警告が秘められていると思いました。

実際には、最後の場面は、いろいろな解釈ができそうで、どうなのかよく解りません。白い蝶は幸せを呼ぶのでしょうか、それとも…。

2019.3.30 HCMC自宅にて、Amazon Prime Videoからパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「スロベニアの娼婦」 発展途上の社会での、ある女子大生の姿

GYAO!の無料配信で、久しぶりにヨーロッパの雰囲気が味わえそうな映画を見つけたので、さっそく鑑賞して見ました。もちろんエロス的要素も重要ですが、基本的にほぼヌードはありませんので、これはお断りしておきます(笑)。2009年の、スロベニア ドイツ セルビア クロアチア ボスニア・ヘルツェゴビナ合作作品(一昔前なら、ユーゴスラビア ドイツ合作) 。主役のニーナ・イヴァニシさんは、この映画で2つほど主演女優賞を取っていますね。

あらすじ
田舎町からリュブリャナに出てきた学生のサーシャ(ニーナ・イヴァニシ)は、都会のセレブな生活に憧れ、リュブリャナの一等地にマンションを購入するが、これは彼女が自営の娼婦として稼いだ金によるものだった。ところが、彼女の周りで事件や横やりなど様々なトラブルが発生し、娼婦を続けづらくなる中で、稼がなければローンが払えないというジレンマに陥ってしまうが…。



冒頭は、スロベニアがEU議長国になったという紹介から。見る前は解りませんが、それによって引き起こされた事件であったということでした。女子大生であるサーシャは大学で英語の講義を受けながら、都会でセレブな生活をしたいという思いから、マンションを購入するために体を売る毎日でした。ところが、客のいるホテルの部屋に入ると、客が(たぶんバイアグラによる)心臓発作に苦しんでおり、彼女はフロントに救助の依頼をして客の財布から金をとりその場を立ち去ります。この客はドイツ政府関係者で、彼女は英語を武器にEUの会議に来る各国の要人を相手にしていた模様。しかし、この事件で現場にスロベニカという名前の娼婦がいたことが報道され、彼女は警察に追われる存在になってしまいます。

彼女は新しく一等地に購入したマンションに引っ越し、ローン返済のため売春を続けますが、ある日客の部屋に行くと、勝手に商売をしていると目を付けたやくざに拘束され、彼らの配下で客を取ることを強要されます。そこはなんとか逃げ出しますが、以後、今まで通りに客が取れなくなってしまいました。しかし、銀行の返済は待ってくれず、仕方なく新聞広告を出し再び客を取り始めますが、何人目かの客は、なんと父(ピーター・ムセフスキ)の親友(プリモス・ピルナット)。彼は父に黙っているという条件で、ただで彼女を抱いてしまいました。

いろいろと嫌気がさした彼女は、銀行への返済も難しくなり、周囲にも事実がバレ始めたため、マンションの売却を決意、リュブリャナからも引っ越し、父の棲む田舎に帰っていくことを決意し、先行きは不安ながら新しい生活を始めようとするのでした。

スロベニアの娼婦

と、メインストーリーだけ追ってしまうと、身も蓋もない話です。しかし、この物語を彩るのは、これに付随するいろいろなエピソード。彼女の父は、母と離婚して一人暮らし。娘を信じ、またいつも心配しています。また父は昔バンドをやっていたようで、この物語の初めの方でバンドを再結成。最後に彼女が田舎に戻ってたどり着いたのは、父のバンドの演奏会。また、その中には自分をただで抱いたドラマーがいる。このあたりも先行き不安です。また彼女は、彼女の為に家庭を捨てた男にストーキングされています。やくざに追い詰められて、一時的に避けていたこの男に助けを求めますが、その夜彼女が売春していたことがバレてしまいます。彼女の為に人生を棒に振った男は、最後に彼女に捨て台詞を残し、これも彼女が田舎に帰る決心に一役買ったようです。

いろいろな彼女の行動を見ていると、事件を収束させず、それでも次から次へと新たな問題の種を撒いていく様は、明らかに世の中を舐めていると思わずにはいられません。しかし、田舎から都会へ出てきて、いい生活をしたいという女性が、自分を武器に切り開いていくのは、まさに発展途上の社会では、ありがちな光景。一部に金持ちが出てきて、また先進国の外国人が流入してくる。スロベニアがEUの議長国になった時代というのは、そういう時代だったということが伺い知れます。繰り返し出てくる、要人を護衛する警察車のけたたましい行列は、まさにその象徴でもあるのでしょう。

描き方があっさりしているので、主張があまり前面に出てきてはいませんが、そういった社会の状況、田舎に戻っていく彼女、故郷では、固有の狭い人間関係の濃密さと、優しさ。それらのスロベニアがユーゴスラビアから脱して、ヨーロッパの先進国に入っていく中でのいろいろな社会の現象や苦悩が静かに描かれていると思いました。そして、主役のニーナ・イヴァニシさんはいいですね!可愛さと美人を兼ね備えています。この映画ではツンデレ系で、かなり場当たり的に生きている女子大生の感じを良く出していると思いました。日本では公開されている映画は無いですが、スロベニアではいくつか作品があるようですので、注目しておきたいと思います。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR