FC2ブログ

「モニタリング」 シュールな表現のディストピア映画

AmazonPrimeに新しく出ていた、ヨーロッパのSF映画。そういうのは興味津々なのです。アートな感じやシュールな感じもありそうで、いろいろと楽しみに鑑賞しました。2017年の映画で、オーストリアの作品。監督はルース・メイダー。ヴェネツィアでは、ヴェニスデイズにノミネートされています。
Life Guidance (2017)

あらすじ
すべての生活態度が、最適であることを求められ監視社会。大企業のエリート、アレクサンダー(フリッツ・カール)は、妻アンナ(カタリーナ・ローレンツ)と息子フランツ(Nicolas Jarosch)の3人で優雅な生活を送っていました。ある日、ライフガイダンス社のファインマン(フロリアン・タイヒトマイスター)という男が一家を訪ねて来て、アレクサンダーが自宅のソファーで横になっている姿を子供に見せていることを指摘します。アレクサンダーはこれを無視すると、ファインマンは執拗に現れるようになり、アレクサンダーは適応テストを受け監視をやめるよう要請しますが、届いた通知書には、重度な適応障害と指摘されていました。

アレクサンダーは、ひとまず指示に従うことにして訓練に参加。しかし、常につきまとうファインマンが鬱陶しく、ある日、彼はファインマンを尾行し、訪問先の一人暮らしの女性イリス(Petra Morzé)から話を聞きます。そして、ライフガイダンス社の場所を聞き出すと、乗り込んで責任者を訪ねますがかなわず、やむなく退散。その後、イリスを訪ねると、自宅の車庫で亡くなっており、ついに、アレクサンダーはライフガイダンス社へ潜入を決行。録画ディスクが大量に保管された場所へと行きつきました。そこで、イリスと自分の記録を見つけ、そこにはフランツが生まれたばかりの子供を殺害する様子と、それを容認するアンナの様子が記録されていました。アレクサンダーの記憶には一切残されておらず、ライフガイダンス社によって記憶が消されていたのでした。

アレクサンダーはその記録を持って逃走しますが、すぐに捕まり、再び記憶を消されてしまいます。帰宅後、アレクサンダーは居間でライフガイダンスから支給されたノートを発見。そこには、アンナが夫の様子について詳細に記録をつけていたのでした。アレクサンダーは家を飛び出し、下層地域の町へと向かいました。場末の軽食屋で出会った女性は、ライフガイダンスからすでに19回も記憶を消されたと語ります。翌日、会社へ出勤せず、どこへともなく向かっているアレクサンダーは、父の訃報を聞いて葬儀を済ませると、森の中の狩猟クラブに入り込みました。そこでは、会社重役や企業主たちが、統制することはさも当然という具合に話し、アレクサンダーを相手にしません。アレクサンダーは山中を彷徨ううちに、迎えに来ていたファインマンを殴り倒し、再び歩き始めると、迎えに現れていたライフガイダンス社の車に乗り込み自宅へと戻りました。そして、家族と再会し、アンナを抱いて、愛していると淡々と告げるのでした。



モニタリング

アートな映像とアバンギャルドな音楽で静かに進行するディストピアSFでした。説明が非常に少なくて、俳優のわずかな言葉や行動で示されるので、非常に難解でした。それでも、一つ一つの映像が美しくて、かつ不穏な雰囲気を掻き立てるもので、目が離せず集中して見てしまいます。現状の生活に違和感を持った主人公は、突然訪ねてきたライフガイダンスに反抗すると、執拗に監視されるようになり、妻や子供からも監視されていることを知ります。そして、そういう状況から逃れるために、ライフガイダンスの秘密を暴こうと、独自の行動をとり始めますが、監視の目はさらに厳しくなり…。

この社会は、一握りの特権階級がすべてをコントロールする社会。あの狩猟をしていた人たちでしょう。そのシステムは、中流階級には一定の所得と快適な生活を保障し、その代わり逸脱した行動があれば、すぐにライフガイダンスが矯正するシステム。それは、不都合な記憶の消去と洗脳という形です。下層階級にもその仕組みが及んでいるようで、羽目を外しやすい人は消去されることの繰り返しの様です。ある意味、本人はおかしなことをしたら、すぐに無かったことになる仕組みで、なんの罪の意識も残さないことになるのですが、やり過ぎると地位を失い、社会的に抹殺される結果となるのでしょう。

秩序を維持し、さも普通の生活を送らせながら、すべてをコントロールするシステムで、1984みたいな大がかりなプロパガンダもなく、徹底的に管理されます。冷戦時代によくあった思想統制は、宣伝と恐怖で統制した面が大きいでしょう。さらに情報技術が発達した現在では、買い物やその他の消費記録などの、個人のビッグデータで、人の格付けができる時代になっています。こういう形の静かな統制が現実的に可能な時代が近づいているのではないかと、改めて思い起こさせる映画であったと思います。

2020.4.5 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

「不倫休暇」 不倫もみんなでやれば怖くない?

GYAO!で、ヨーロッパの不倫ドラマでもと思って見始めたのが、この映画でした。オーストリア製作というのも、見た記憶にあまり思い当たらないですし、どんなものかなぁと。原題の「42plus」というのも意味ありげで、なんか面白うそう…。と思って見始めたのですが、最初から言っておきます。「なんじゃこりゃ…」という感じでした。

あらすじ
夫婦と娘の3人で別荘にヴァカンスに出かけた夏の出来事。どこか満たされず、昔を思い出し、現状に不満を募らせるクリスティーネ。年頃の娘の成長にも寂しさを感じつつ、自分の浮気の清算も上手くいかない。旅先で迎える42歳の誕生日には、友人夫妻もサプライズで訪れたが、それも自分の不倫相手。しかし、謎の少年タマシュと出会い、タマシュの若さに魅了されてしまったクリスティーネは密会を重ねるが、そんな彼女の変化にゲオルクもゾニアも気付いていた…。



カーテンの影の下着姿のご婦人のシーンではじまるのに、何かちょっと期待してしまいます。そして、「終わりにしましょう」と切り出す女性。しかし、男性の方は同意しない。それを押し切るご婦人。おお、不倫映画だと思わせるスタートでした。そして、家庭に戻るクリスティーナ。年頃の娘ゾニアは、今度のバカンスで絶対処女を捨てるという決意を日記に書く。日記にはコンドームも付されています。ん?ちょっと雲行きが怪しいぞ?見ている方としては、登場人物がみんなそういう人たちなのか?という疑惑が頭をもたげ始め…。

一行は、バカンスの目的地マジョルカの別荘に到着。クリスティーネは、TV番組の制作者で42歳。夫はゲオルク、病院勤務の医師です。ある日別荘の寝室に、見知らぬ若い男タマシュがどこからか侵入していて、一人で寝ていたので、追い出します。その後、クリスティーネは時々海岸でタマシュとすれ違い、言葉を交わすうちに気になる存在に。一方ゾニアは夜の街に出て、処女を捨てる相手を探していますが、両親は咎めるでもなく、若干複雑な心境ながら容認しています。

そして、ゾニアは街で男探し、クリスティーネは夫婦でレストランに行きますが、結婚前に夫と彼女を争った男もいて、会話は緊張含み。トイレに立ったクリスティーネに、それを見ていたタマシュが接近します。クリスティーネはそこで、明日タマシュとホテルで会う約束をしました。

不倫休暇

さて翌日は、クリスティーネの42歳の誕生日、パーティーにゲオルクはサプライズで同僚のマルティンとその妻リンダを誘っていました。実はマルティンはクリスティーネの元不倫相手。冒頭で別れた相手です。一方、妻のリンダはそのことを知っていて、クリスティーネに、「あなたと不倫してくれていて良かったわ。別れることになる心配がなくて。」という始末。なんというか、やりたい放題の関係です。

そんなクリスティーネは、別荘を出てホテルに向かい、そしてタマシュとの逢瀬の為に予約した部屋が若い時に泊まった思い出の部屋。相手は誰だったんですかね?クリスティーネはタマシュとのホテルでの密会の後、街を彷徨いますが、さっそく見つけた恋人のバイクに乗るゾニアに見つけられ、行動を問いただされます。しかし、大きなお世話と言う感じで喧嘩別れ。何をやっているんですかねぇ親子で…。

そんなクリスティーネは、タマシュとも別れられない様子で、ついにタマシュを連れて、夫と元不倫相手にご挨拶。あまりの暴挙に、男たちは席を立ちという感じ。タマシュは多少白けた感じでした。結局、クリスティーネとゲオルクは大げんかの挙句、未練のある夫は一からやり直そうと提案しますが、クリスティーネはお互い別々にねと返します。クリスティーネはリンダにタマシュへの別れのメモを託し(メモを渡したリンダが、今度はタマシュと楽しみ始めますが)、夫の愛人のもとへ向かいます。お互いを認識したクリスティーネと夫の愛人。クリスティーネは夫に愛人から電話をかけさせ、その場の状況を説明させます。そしてタクシーに乗っているクリスティーネのもとに夫からお詫びの電話があり、今後ろをつけているとのこと。やがて夫の車がタクシーと並走すると、二人は微笑みあうのでした。

と、まぁ、だらだらとストーリーを書いてみたものの、結局ナニ?という感じでした。皆でそこまで徹底して不倫すれば、結局誰も責められず、収まりましたという話。とにかく、男も女も好みの相手を見つければとにかくやる。それがヨーロッパの知識階級の日常とでもいうのでしょうか?昔のフランスの貴族社会ならいざ知らず。まぁ、42プラスという原題から、四十路の焦りと若いころは良かったという回顧、そして蓄積された経験から、大人の関係ということでやりたい年ごろである、というのは理解しますが。いや、それも一部の人の話で、そんなことを書くと不謹慎と言われますね。

エロいシーンはそれほど多い訳ではなく、全裸は暗い部屋での1回だけ。あとは、発情して服を着たままお互いの体を弄るシーンが多数。それがエロいと言えばそうかもしれませんが、この様なストーリーでは半ばあきれて何も感じないというのも事実。という訳で、冒頭の一瞬のご婦人のカーテンの向こうの下着のシーンが一番かな?という程度でございました。もの好きな人はどうぞという程度ですかね。

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR